ホームページ目次|

海外行くなら英語の勉強の前に折り紙を勉強すべし

2012年3月18日 COOL JAPAN FESTIVAL 3日目


作っている鶴もこんなに小さくなりました。
これは小さく作ろうとしたのではなくて、折り紙の紙が欠乏しだしたので、文具店で折り紙、あるいは折り紙になりそうなものを探したのですが、適切なものが見つかりませんでした。
それで、1枚を4枚に切り分け、なんとか折り紙を続けたのでした。

すると、こんな小さな折り紙でも、器用に折るインド人がいました。出来上がった鶴を手に持ち、とてもうれしそうでした。
生まれて初めての折り紙が、いきなりマイクロ折り鶴を折ってしまうということは、インドにも手先の器用な人がいるということになりますね。

ショッピングセンターの一角には、デパートの屋上にあるような小さな遊園地があり、子供を乗せて、親が写真を撮るというおなじみの光景が展開されていました。

銀の折り紙が残っていたので、鶴を折って渡したら、とても喜んでくれた親子です。
もうイベント3日目で疲れ気味でしたが、すなおに喜んでくれると頑張れるのでした。

マンガもとても人気で、インドの人達が描いたマンガの前にもしばしば人だかりができました。この後、コンテストの発表があるので、真剣に見入っているのでした。


ホームページ目次|