ホーム / ナンプレ解法教室 / ナンプレ本評価

超難問あるいは同等と考えられる謳い文句をつけたナンプレ問題集の評価をやっている。 今回は、コスミック出版の『超難問ナンプレ110選 王位編』の評価である。

レベル表示はどこにもない。
ということで、全問題、あるいはほとんどが超難問ということだろうか。

特徴として、ほとんどの問題は、ヒント数が28か24であった。
また、左右対称あるいは上下対称な問題が目立った。

表紙には、極めろ頭脳の限界!とあるのだ。 本当だろうか?

グラフ上では、前回の近代映画社の『極限!!ナンプレ 超難問編』にほぼ重なってしまった。 つまり、同じレベルの問題集ということである。

テクニックは、ペアまで使っている。が、それ以上のテクニックはまったく不要である。

グラフから明らかなように、本書も中上級程度の本である。

表紙にあった謳い文句、極めろ頭脳の限界! は、一体どういう意味だったのだろうか。 何も極まっていないではないか。問題作成能力に大いに問題ありだ。

王位編ということは、どういうことだろう。他にも、竜王編とか色々あるらしい。 実は王位編よりも、女王編というのがあって、 そちらが本当の超難問集なのだろうか?


ホーム / ナンプレ解法教室 / ナンプレ本評価