バックギャモン

書 名すごろくI
叢 書ものと人間の文化史 79-I
著 者増川宏一
発 行法政大学出版局
発行日1995年7月7日
サイズ四六版、298頁
定 価2884円(本体2800円)
ISBN4-588-20791-1

本書の題名は「すごろく」となっている。「すごろく」には、2種類あって、 世間でよく知られている、もう正月の遊びではなくなってしまったのが「絵す ごろく」である。

もう1つの「すごろく」が「盤雙六(ばんすごろく)」である。もちろん、 バックギャモンは「盤雙六」であり、2つの遊びには殆どなんの関係もない、 要するに別の遊びである。

さて、本書の特徴は、なんといっても文化史である。古代メソポタミアの遺 跡から発掘した粘土板に書かれていた遊び方は、まぎれもなくバックギャモン の元になったと思われる「ウル」(ウル王朝でひろく遊ばれた盤上遊戯)の遊 であった、とか。

じゃっかんの変遷はあったが、エジプト、ギリシャ、ローマの遺跡からも、 多数のバックギャモンの先祖がみつかっている。

今では、中近東付近で非常に盛んならしい。東方には、アラブ人を通して、 中国にも早くから伝わり、ちゃんと正倉院御物『紫檀木画雙六局』がある。

『日本書記』の中に出て来るのはもちろん、養老律令(718年)には雙六 の記述があり、「喪に服している間はするな」とある。僧尼は雙六にうつつを ぬかしてしまっていたらしく、僧尼への雙六の禁止令も別にある。

平安時代はもちろん、鎌倉になってもいっこうに雙六は衰えず、『吾妻鏡』 などにも出て来る。このころになると、土地や家とか賭けることも頻繁にあっ たようで、証文や日記などの引用も多数ある。

まあ、そういう訳で、この本は、めちゃくちゃ歴史の勉強になってしまう本 である。これ以上詳しく知りたい方は、ぜひ買って読んで下さい。


バックギャモン