チェス

NOVAG社のチェスマシン


Novag Home Page

NOVAG社といえば、チェスマシンを出している非常に有名な会社で、香港の 企業である。ここで紹介するのは、ずっと前に私が1984年に購入したとき の資料より紹介するもので、現在はずっとずっと進歩しているはずである。

Novag社は、ソフトの開発に人間の世界チャンピオン、カスパロフ氏に協力 を求めているとかの記事も読んだことがある。novag.com はあったのだが、ホー ムページはやっていないようで、残念である。


PRESTO

1984年にNOVAG社から直接購入したマシンである。本体だけでUS$45.00。
駒はプラスチックで出来ている。乾電池6本またはアダプタで動く。
動かし方は、移動する駒をその場で一度盤に押しつけ、移動先でもう一度押 しつけることにより、自分の手をコンピュータに知らせる。コンピュータ側は 盤側に並んでいるLEDにより指示がでるので、人間が移動してあげるのである。
8レベルあって、私は5レベルまで勝てたと思う。これは当時の入門者用の 安いマシンであるが、私にはちょうど手頃なものであった。

CONSTELLATION

PRESTOといっしょに、もう1機種買ったのがこれである。本体だけで US$140.00。このマシンのレーティングは、2000ELOとのことである。
12手までのメイトは読み切ってしまうと書いている。両者が打って1手なの だから、24 half moves 先を読み切るとのことである。
こちらも8レベルあるのだが、私は2レベルまでしか勝てなかったと思う。

MICRO III

携帯用の小さなチェスマシン(175 x 122 x 35 mm)である。 当時、仲間が香港で買って来たやつ。性能は、PRESTOと同程度のようである。
盤面の全マスに穴が開いていて、駒を抜いたり、駒を挿したりすることで移 動を検出するのである。これは、当時いた会社で遊んだ(調べた)記憶がある。
蓋を開けたら、中には東芝のチェスチップが1つだけ入っていたのが確かこ の機種だったと思うが、はっきりとは思い出せない。

CHESS ROBOT ADVERSARY

これは見ての通り、ちゃんとロボットアームによって駒も移動してくれる優 れ物なのである。面白いとは思ったが、価格も高かったと記憶している。
TECHINAL DATA によると、チェスプログラム 32K Byte、ロボットプログラ ム 8K Byte、インターフェイスなど 2K Byteの総計42K Byte とある。そして、 将来はチェスプログラムだけで40K Byteの強力なのを予定していると書かれて いる。
チェスプリンタを接続すると記録が取れるし、チェスクロックを接続すると ちゃんと残り時間も分かるようになって、あたかもロボットと対戦している雰 囲気になるらしいのであるが、本当であろうか。ロボットがちゃんと駒を移動 したり、取り除いたりをちゃんと出来るのかどうか、そのあたりの動作だけは 見てみたいとの衝動には駆られたのであるが、購入は思いとどまった。

チェス