読書感想文コンピュータ編

書名注解C++リファレンスマニュアル
著者M.A.エリス、B.ストラウストラップ
訳者足立高徳、小山裕司
発行日1992年11月20日 初版1刷発行
発行元株式会社トッパン
サイズA5判 596ページ
定価4800円
ISBN4-8101-8027-1


本書は、C++言語の本としては、 『プログラミング言語C++第2版』 に次いで有名な本である。

原書のタイトルは、 "The Annotated C++ Reference Manual"であり、ARMとよく略される。

本書は読んでもいいが、読むのは相当きつい。それは、『注解』書だからで ある。様々の項目について、かなり詳しい『注解』と『例』が載っているので、 調べたり、確認したりするのに良い本であり、私もその意味で利用している。

プログラミング言語に自信のある者なら、

だけを机上に置いておけば、まあプログラムを組むには困らないと思う。

あまりにも初心者のうちは全然役に立たないが、ある程度の力、まあ簡単な 入門書を読み終えた位から本書は利用できるようになると思う。

やたらに多くのプログラムの本を買って、並べている者が多いようだが、プ ログラムを書くのにそんなに多数の本は必要ない。リファレンスマニュアルと しては、本書さえあれば他は不要だろう。

最近のプログラミングの本は、レイアウトに凝り、やたら飾りが多く、ゴテ ゴテした仕上がりの本が多い中、非常にシンプルなレイアウトであることも、 本当に探したい人にとっては嬉しい。


読書感想文コンピュータ編