読書感想文コンピュータ編

書名C++プログラミングスタイル
著者山下浩、黒羽裕章、黒岩健太郎
発行日平成4年 8月25日 初版第1刷
発行元株式会社 オーム社
サイズB5判 338ページ  ハードカバー
定価2900円
ISBN4-89052-339-1


本書の題名には「プログラミングスタイル」と書かれている。あたかも、C ++ではどのようなプログラミングの書き方をするべきかの本のような印象を 受けるが、まったくそんな本ではない。どこから見ても普通の入門書であり、 スタイルについての話はない。

思うに、これは、C++の本が巷に溢れてしまったので、なんとかこの本は 違うんだという、つまり人目を引く為につけた題名としか思えない。

C言語の知識も仮定していない入門書なので、本当に入門的な内容にページ 数を取られてしまっている。

本書の第1章は「オブジェクト指向」という題名である。あまりにも高い理 想を掲げたのであるが、それに直接結びつくような解説は本書の最後の方にわ ずかにあるだけである。最後の数十ページだけ急にレベルが上がるのであるが、 これではどうしようもない。殆どの入門書、解説書で行なわれている過ちがこ こでも行なわれている。

本書は比較的読みやすいし、解説、例、そしてレイアウトに至るまでかなり 良いレベルである。しかし、ミスが多いのにはうんざりである。校正ミスも多 いが、絶対にコンパイル出来ない関数なんかもあったりして、一体どうなって いるのであろうか。


読書感想文コンピュータ編