読書感想文コンピュータ編インターネット
書名Apacheハンドブック
The Definitive Guide
著者Ben Laurie, Peter Laurie
監訳者田辺茂也
訳者三代川信義
発行日1997年11月25日
発行元 株式会社オライリー・ジャパン
発売元株式会社オーム社
頁数B5変形版、315頁
定価3400円(本体)
ISBN4-900900-37-0

WWWにとって、いまやApacheは最大の利用者数を誇るサーバーである。 Apacheを抜きにしてWWWサービスを語るなど考えられない時代になったことは 明らかである。

私が直接関係しているWWWは、もちろん全部Apacheを利用している。1997年 の初めころから次第に周囲がApacheに変更になり、それを利用している私も必 然的にApache利用者になってしまった。最近は、Apacheでサーバーをコッソリ 起こしたりもしているが、何もしなくてもApacheは動いていたりして、便利す ぎる。

そういう状況になっていることもあり、Apacheの本を1冊くらい手元に置い ておいても損はないだろうと思って入手したものである。本書は、O'Reillyの シリーズである。日本語では、ハンドブックという名前がついているが、英語 のタイトルは、Apache Definitive Guideである。しかし、内容を見ると、ど ちらも違うような気がする。Definitive(決定版、最終版)という言葉は、宣伝 文句のようだ。

本書は、探すことを目的とするハンドブックやリファレンス等と、読むこと を目的とする解説書の中間的な書き方かな。読むには、ちょっと「ぱらぱら」 といった感じになりすぎている。Apacheの調整をするのに、本書は有った方が 便利かなと思ったが、そういうリファレンス的な目的にはかなり不満が残る。

本書は、とりあえず、Apacheを調整するための説明を行っている前半(1章〜 10章)と、11章 何が起こっているか以降の後半(11章〜15章)に分れるよう だ。今のところ、前半を拾い読みしている程度であるが、後半を読めば考えが 変わるかも知れない。

1998年8月17日


読書感想文コンピュータ編インターネット