読書感想文コンピュータ編インターネット
書名 インターネット ホームページデザイン
インターネットエンジェルたちのためのWWW&HTML
著者吉村信、家永百合子、鐙聡
発行日1995年6月1日 初版第1刷
発行元株式会社 翔泳社
サイズA5変型判、317頁
定価2400円
ISBN4-88135-242-3

本書は、題名の通りの、ホームページのデザインの本である。あくまでも 「デザイン」の本なのである。このことを間違えて拡大解釈して買ってしまっ た私は馬鹿をみた。

私は、HTMLを書いている時には、たいていこの本をキーボードの近くに置い て時々参照しながらやっている。まあ、そういう意味では、本書はまあまあ気 に入っている。

説明は、大抵の場合、左右見開きの2ページでまとまるように工夫がしてあ る。こういう配慮をしてくれている点は、非常に助かる。

また、本書の約半分が、HTMLのリファレンス形式のページになっているので、 慣れると探しやすい。

だが、本書は、ホームページデザインまでである。それ以上ではないのであ る。それをつくづく感じたのは、私がちょっとCGIをやってみようと思った ときであった。CGIも、当然ホームページデザインの一部だと思っていた。

本書には、ちゃんと「入力フォーム」の項目があり、画面上に色々に配置す る例がいっぱい説明してある。が、そこでほぼお仕舞いなのである。入力フォ ームの解説があるのだから、その入力を受け取るWebサーバー側のCGIに ついてもちゃんと説明があると思ったが、ほんの僅かの説明があるだけであっ た。

つまり、本書は、良くも悪くも、「ホームページデザイン」なのである。

編集的な立場から見ると、やたらに網の部分が多い本なのである。注意を引 くために網にしたのであろうが、これだけ網が多くなっては、強調になってい ない。また、全体に、ゴテゴテした感じがする。もうちょっと何というか、見 た目にすっきりした本にできなかったのか、と思う。


読書感想文コンピュータ編インターネット