読書感想文コンピュータ編インターネット

HTML入門

著 者:LARRY ARONSON
監 修:インターネットマガジン編集部
翻 訳:小嶋隆一 発 行:株式会社 インプレス
発行日:1995年7月1日 初版第1刷
定 価:1800円
サイズ:B5変型判 166ページ
ISBN 4-8443-4692-X

一言でいうなら、まあ、絶対買ってはならないダメな本である。1995年 7月の時点では、まだHTMLの本は珍しかったが、今(11月)は、もう、本屋の台 から棚まで溢れている。本屋は、こんな本、早く送り返して、もっと売れる本 を並べなければならない。

この本は1995年7月に発行されているが、翻訳であり、実は原書は19 94年に出ている。つまり、滅茶苦茶『古い』のである。もうこれだけでダメ である。

内容的にも、なんのまとまりもない本である。いろいろな例はあるが、とに かく何の方針もなく書かれており、教育的配慮とか全くないので、『入門』と 銘打っているが、これは100%詐欺である。

それから、いうまでもないことがだ、今更、HTMLの入門書を翻訳書に頼 る必要はどこにもない。極めて特殊な最先端を知りたいときとか、異常に詳し いことが知りたいとか、何か特別な理由があるのなら翻訳書も価値があろうが、 そこまで知りたい人は原書を読むか、直接インターネットで必要な情報にアク セスすべきだろう。

この本、「既存文書のHTMLへの変換」について書いてある。と思って読 んでいくと、ワープロで整形した文章は、<PRE> と </PRE>で囲 めと書いている。こんな事を書いている本があるからだろうか、適当なワープ ロなどで編集した長ーい長ーいファイルの最初と最後を<PRE> と </PRE>で囲んだだけのを置いているページがちらほら見受けられる。

こういういい加減なページが結構多いのは、この本の影響かな???

それから、どうも、ホームページ作成会社に頼んで作ってもらったらしいの に、結構そういう類の、とんでもなく怪しいのがある。最初と最後を<PRE> と </PRE>で囲んだだけで金とるなんて、詐欺だよー。


読書感想文コンピュータ編インターネット