読書感想文コンピュータ編インターネット
書名続・HTML入門 新機能,CGI,Webの進化
著者ローラ・リメイ(Laura Lemay)
訳者武舎広幸、久野禎子、久野靖
発行株式会社プレンティスホール出版
発売株式会社トッパン
発行日1995年12月15日初版第1刷
サイズB5変型判、563頁
定価3900円
ISBN4-931356-29-X

前著『HTML入門/WWWページの作成と公開』 の続編である。

前著は、入門から始めて、HTMLを公開して基本的な機能を使いこなすと ころまでであった。

本書は、新機能を使いこなしたり、CGI、アクセス制御などについても書い てあり、単にHTMLファイルを記述するためだけに留まらず、サーバ側の設定に まで踏み込んだ入門書(ここまで書いて入門書というのも変な気がするが)で ある。

ただし、残念なことは、本書が非常に古いことである。翻訳書の出たのが1 995年の12月15日である。つまり、日本語版Windows95の出る前という、 相当前に出た本である。原著が書かれたのは、それよりも当然前のことになる。 Netscape 2.0 の新機能の説明があったりして、もう見てるとずっこけるところ も多々ある。

しかし、ときどき私は今でもこの本を利用している。先日もSSIの部分を ちょっと読んでみた。とにかく説明が丁寧なのである。丁寧すぎて、説明がご ちゃごちゃしている感は免れないが、他書では書かれていないようなキメの細 かさが本書にはある。

本書の特徴は、ずっしりと重いことである。紙質が良すぎて重い。ページ数 もあるのだが、同程度の体積の本より遥かに重いので、いつものつもりで気軽 に持とうとすると、一瞬重くてびっくりする。

1997年2月21日


読書感想文コンピュータ編インターネット