読書感想文コンピュータ編インターネット
書名インターネットが変える世界
シリーズ岩波新書432
著者古瀬幸広、廣瀬克哉
発行日平成8年2月20日
発行元株式会社岩波書店
頁数新書判、214頁
定価650円
ISBN4-00-430432-6

本来は動きが鈍かったり、インターネットの速い流れと合わないのではない かと思われる岩波書店、とくに岩波新書は長い間売り続ける本というのが基本 なのであるが、このところ岩波書店もインターネットづいている。
岩波新書のインターネット本は2冊目である。1冊目が村井純氏の 『インターネット』であった。

さて、本書は、「インターネットによって、どのように世界が変わるか」を 書こうとしたものである。インターネットの歴史的な紹介をしながら、技術的 なことにはできるだけ立ち入らずに、発展の歴史を書いている。歴史を書いて はいるが、歴史を書くのが本書の目的ではなく、その歴史の中で、どのように インターネットを支えた人々が動いてきたか、その思想を紹介している。

本書の冒頭は、『ハッカー会議』で始まっている。 もちろん、これはハッカーが今のインターネットを育てた中心人物達であるこ とをいっているのである。しかし、世間ではハッカーという言葉に誤解がある。 『ハッカー=犯罪者』という誤解である。

この誤解は、マスコミなどが盛んに「ハッカーが犯罪を犯した」などとい う誤った言葉の使い方によって世間に定着してしまった。この誤用は必ず訂正 させなければならないものである。わざわざそういうこともあって、ハッカー 会議の話題を最初にもってきたのではないかと思っているが、違うだろうか。

さて、本書での主張と思われること(私が勝手にそう解釈しただけであるが) は、大体以下のことであった。

まあ、だいたい以上のようなことを書いているのである。一般の人に、以上 のような思想的なことを理解してもらうことを目指しているようだ。しかし、 この本を読んで、それらを理解してもらうのは難しいような気がする。

この本は良く書けているのであるが、結構、現体制に気を使いながら書いて いると思われる。現体制がどんなにコンピュータの発展、引いては一般の人々 がコンピュータ技術を享受できるのを阻害してきたかを意外とあっさり書いて いる。本当は、本人達は 「はらわたが煮えくり返っていた」に違い ない。

さて、1冊の新書で、インターネットの影響について書くのは相当難しい。 色々なことを書こうとしすぎて印象が弱いところもあるが、一般人向けの本で あり、インターネット理解のための入門書なんだから良いだろう。

「もっと、もっとガンガン書いてやんないと、結局世の為になんないんだよ な」と思われる個所は多数あった。でも、岩波新書ということで、それなりに 売れ、世間への影響も出ることと思う。


読書感想文コンピュータ編インターネット