読書感想文コンピュータ編インターネット
書名情報セキュリティの科学
マジック・プロトコルへの招待
シリーズ ブルーバックスB-1055
著者 太田和夫、黒澤馨、渡辺治
発行日1995年2月20日
発売元講談社株式会社
サイズ新書判、232頁
定価760円
ISBN4-06-257055-6

このマジックプロトコルに関しては、多くのインターネット入門書や電子マ ネー関係の書物で頻繁に書かれているが、それらに比べるとこの本は詳しい。

インターネット上でのビジネスを考える上で非常に重要なのが「秘密保持」 である。情報の提供、商品の発注から、金銭の決済など、秘密が守れなければ 成り立たない分野がいっぱいである。これらの解決なしには、インターネット はただの広告媒体、情報公開程度の役にしか立たない。

しかし、好運なことに、非常に優れた暗号化の方法がみつかった。白昼堂々 と秘密文書を渡しても安全なという方法である。だから、盗聴したければ勝手 に盗聴せい、というような方法である。

さて、その方法であるが、当然、今このページを読んでいる人々にとっては もはや常識と言われている例の方法である。まあ、その方法をここで解説する のは面倒なので、知りたい人はこの本を読んでくれ。

でも、まあ、この本は「ブルーバックス」であるので、技術的な非常に細か いレベルの説明がある訳ではない。科学啓蒙書なので、啓蒙的な説明がある。 技術的な説明と、その応用分野の説明が半々といった感じの本である。技術的 にもっと詳しく知りたい人のための参考書も紹介されている。

この本の著者らは、セキュリティ、暗号化の第一線の人々である。そういえ ば、私の知合いの一人も、某社研究所にて、この分野の研究をやっているよう だ。どのコンピュータメーカーでも、この分野はインターネットで最も重要な 分野として研究開発に取り組んでいるようである。

………という、いかにもブルーバックスっぽい本なのである。と、ごくごく 普通の解説というか書評になってしまった。

もちろん、守るやつがいれば、破るやつが必ずいるのが世の習い。今後とも 様々な意味で頑張らなければならない分野である。


読書感想文コンピュータ編インターネット