読書感想文コンピュータ編Java
書名JAVAプログラム クイックリファレンス
著者David Flanagan
監訳小俣裕一
訳者豊福剛
発行日1998年4月27日
発行所オライリー・ジャパン
発売元オーム社
サイズA5、548頁
定価4300円(本体)
ISBN4-900900-09-5

まだ、1/3ほどしか読んでいない(第6章 GUIの途中まで)が、忘れないう ちに記しておく。

まず、本書は JAVA1.1対応である。

例のO'Reillyシリーズの訳である。原書の書名は、 "JAVA EXAMPLES IN A NUTSHELL, A Tutorial Companion to Java in a Nutshell"である。そして、この英語の書名の方が、本の内容を正確に伝えている。

あくまでも、JAVAのTutorial的なプログラム例が並んだ本であるが、 クイックリファレンス的要素はそれほどはないと思う。

まず本書は、網羅的な解説をしている訳ではないし、JAVAについての説明が きちんとされているのではない。あくまでも副読本の立場である。読んでいくと、 "Java in a Nutshell"を参照せよと何 度となく出てくる。もちろん、Java1.1 に対応した、2nd Edition を読めとあ るのだが、まだ第2版の翻訳は出ていない。本書を読み進むためには、少なく ともJAVA1.1の全容を書いた本を何か1冊持っていることが必須である。

全体が、17章に別れ、各章が10個程度に分かれているので、まとまった 時間が取れないとき、電車でちょこちょこ移動中などでも読めるのは便利では ある。サンプルプログラムは、長いのでも、せいぜい数ページである。しかし、 ちゃんとまとまった1つのプログラムになっているので、その点は良い。

本書は、『Javaクイックリファレンス』 の第2部、Java APIを使ったプログラミング(訳110ページ)を、もっと丁 寧に説明した感じになっている。

さて、本書の問題点は翻訳にある。それも、サンプルプログラム中に、信じ がたいような誤訳が入ってしまっている点である。

line は、場合により「線」となり、「行」となるが、これが間違っていた りとか。 それから、81ページのフォントのサンプルプログラムと、その表示例が不一 致なのである。表示例には日本語が含まれているのだが、サンプルプログラム は、原書のコメント部分を翻訳しただけの状態であった。

プログラムの日本語訳部分を見たために頭が混乱し、コメントを見ないと簡 単に分かるという場合もあった。コメントは、内容を十分に理解して訳すこと がいかに重要かが分かる。英語、日本語、ともに短く端的に表現することが望 まれるので、コメントの訳は、実は本文以上に難しい。そして、本文以上にプ ログラムの訳は重要である。プログラム部分は、中途半端に訳すくらいなら、 英語のままにしておいて欲しいものである。

1998年7月31日


読書感想文コンピュータ編Java