読書感想文コンピュータ編Linux
タイトルLINUX+JE4
バージョン1995/12
対応機種AT互換機、FM−TOWNS
監修生越昌己、真鍋敬士、小野徹
発行元LASER5出版局
定価税抜価格6800円

これは本ではない。ソフトウェアである。CD−ROMが3枚もついていて お得。といっても、今では、LINUXは雑誌や本の付録にもついたりしてい るので、本当はそれほどお得という訳でもない。

定価は税抜きで6800円であるが、秋葉原の実勢価格では5500円程度 である。LASER5のお店だけではなく、秋葉原の主要な店には並んでいる。

たいていのパソコンには、あのintel insideという いやらしいシールが張ってあるだろうが、それを消すための Linux insideのシールが入っているので、是非こ れで、邪悪なシールを覆っておこう。

中身については、ここで書いてもしかたがない。今後もますますバージョン が上がるであろう。でも、たったこれだけの値段で、OSから開発環境まで手 に入るのであるから、こんなに安いものはない。

今までは、私は、 本に付いていた古いLINUXを使っ ていたのだが、さすがに古くなってしまって変更したのである。もちろん、種 々のソフトが新しくなっていた。私が直接使うものでは、 gcc, Tcl/Tkあたりの変更が一番影響した。まあ、そ のあたりの苦労話は、別の個所に書くことにしよう。


読書感想文コンピュータ編Linux