読書感想文コンピュータ編Linux

Linuxを256倍使うための本

著 者:生越昌己、大内和博、阿倍博信
発 行:株式会社 アスキー
発行日:1995年3月21日 初版発行
定 価:1200円
サイズ:B6版 270ページ
ISBN 4-7561-0307-3

構成:
身体で覚えろLinux
Xをいじり倒そう!
インターネットごっこをやろう!
怒涛のゲームレビュー
コンパイルをしよう
Kernelをいじろう
Linux教経典

この本は、アスキーが出している、256倍シリーズの中の一冊である。だ から、当然、勝手なことが書かれている。

「構成」をみただけで想像できるように、とてもじゃないが入門書とか、テ キストとか呼べるものではない。普通に、正常に Linux を学習したい方は、 こんな本を手にしてはいけない。

この本は、要するに、「Linuxオタク養成ギブス」なのである。まあ、ペー ジ数が少ないし、サイズも小さい本なので、「養成ギブス」とは言いすぎだと は思うが、良いことも一杯書いている。たとえば、次のようなものだ。

実社会では上手にカンニングすることはよいことである。もっと大袈裟にい えば、カンニングはハッカーになるための基本科目であると思ってもよいので ある。

本書は、ところどころ、壷を押えたことが書いてあるので役に立った。たと えば、「Xmodmapのいじり方」とかである。

「カーネルをいじろう」という章(?)があるのだが、なにしろ短くて、全 然説明しきれていない。まあ、この本でカーネルの勉強をしようなんていうの は甘い。そういうことは、インターネットを利用して勉強すべきことだろう。

「Linux教経典」が、本書の一番大事なところである。教義の解説をしよう としているのであって、これからLinux教に入信しようとする者は、今後どの ようなことをすべきかを書いている。

この本を不敵な笑みを浮かべながら購入したり、立ち読みするような人には、 もはや私がコメントするようなことは何もないだろう。いや、インターネット を通じてこのページの存在を知りえたような人には、まあ、自分で勝手に判断 して、どうでもしなさい。


読書感想文コンピュータ編Linux