読書感想文コンピュータ編パソコン
書名自分で作るAT互換機
本当に欲しいマシンを作ろう!
著者青山円、野田正弥、長谷川裕行、藤本壱
発行日1998年1月26日
発行元株式会社毎日コミュニケーションズ
頁数B5判変型、255頁
定価1800円(本体)
ISBN4-89563-397-7

いま、秋葉原へ行くと最も混んでいる店舗は、AT互換機のパーツを売ってい るところではないだろうか。土日には、そういう店舗の中は満員電車状態である。 だから、私は、なんとかして、ウィークデイに買いに走っている。

本書は、息子にAT互換機を組み立てさせようと思って買ったのであるが、興 味を持たせることができなかった。それではもったいないということで、ちょっ と読んでみた。

本屋にならんでいる中でも、やさしくて、かつ必要なことを押えていると思 われるものを選んだのである。本書では、イラストではなく、各パーツの写真 や、組み立て途中の段階の写真が多数載っている。

この本のレベルなら、CD-ROMをつけて、組み立てていく過程をどんどん見せ ながら解説してくれるというのがいいかと思う。そして、後で参照すると便利 なものだけが本に書かれている方が便利な気がする。

まだ半年もたっていない本だが、載っている価格は現実離れしてしまってい る。CPUなどは半額以下のものもある。いかに急速に陳腐化しているかが分か るというものだ。

組み立てコースは、ゴージャスコースと、私のように価格性能比を追求する タイプの2コースが用意されている。もちろん、本書は生まれて始めてAT互換 機を組み立てる人のための本であるから、新品を使って、無難なパーツを集め て組み立てる方法の解説が中心だ。それでも、古いパーツの生かし方も載って いるが、もちろん安全策を取るように書かれている。

パーツを購入するためのショップのガイドはかなり親切である。私が良く行 く秋葉原の店はだいたい載っていた。

全体として、とっても無難な本であり、自作したいが不安で不安でしょうが ない人にとってはぴったりの本かもしれない。しかし、そのためか、息子には 合わなかったようだ。 もパソコンを欲しがる 年頃になってきたので、この本とパーツを与えて組み立てさせようかなぁ。

1998年6月18日


読書感想文コンピュータ編パソコン