読書感想文コンピュータ編パソコン
叢書コンピュータサイエンス大学講座
書名マイクロコンピュータプログラミング入門
Tiny BASIC インタプリタ
編者石田晴久
発行元株式会社近代科学社
発行日昭和53年8月10日
定価1900円(本体)
サイズA5判ハードカバー
頁数215頁

今から20年前に出版された本である。当時、ちいさな言語が流行っていた というか、ちいさな言語しかマイクロコンピュータ上では動かせなかったので ある。

その中でも、Tiny BASIC は人気が高かった。日本国内でも、いくつかの Tiny BASIC が作成されていたと思ったが、はっきりとした記憶がない。

当時、マイクロコンピュータに限らず、コンピュータ全般にわたって、近代 科学社が優れた本を出していた。その中の薄い方のシリーズの中の1冊である。

東京版 Tiny BASIC インタープリタについての作り方、内部のルーチンの仕 様などが詳しく書かれている。2バイト整数型の簡単なBASICで、出力はPRINT 文、入力はINPUT文くらいしかない。変数名や配列名も英字1文字という制限 つきである。当時は、BASICが動くというだけで注目を集めた時代である。

このTiny BASICは、たった4種類の命令しかない中間言語によって動いてい るのであった。たった4種類しかない命令で、どうしてちゃんと動くかという と、その中の1つに、機械語プログラムを呼び出す、というのが用意されてい て、困ったときには機械語だのみというのである。でも、これで、見通しは機 械語の場合と比べて随分良い。

4種類の命令:
MCALL   a a番地から始まる機械語のプログラムを直接呼び出して実行させる。
ICALL   a a番地から始まる解釈ルーチンを呼び出して、解釈させる。
JUMP   a この中間言語ルーチンの中でa番地へジャンプする。
TEST   a,s 与えられた文字列がsに等しいかどうかを調べ、等しくなければ、 a番地へジャンプする。

これだけの命令で、この中間言語の実装は、基本的に2バイト単位である。 TEST命令のときだけ、2バイトの後ろに文字列が繋がる。2バイト内の構成は、 上位2ビットで命令を識別し、残りの14ビットでアドレスを示す。

こんな命令体系で、BASICインタープリタの作成を丁寧に書いた本で、私は 何度も何度も読んで、本の一部がバラバラになってしまった。コンピュータ関 係の本で、この本より熱心に読んだ本はない筈だ。

その後、BASICコンパイラを何本か作成したが、それらに最も影響した本で ある。あまり熱心にプログラムを追いかけすぎて、いくつかのバグも見つけちゃっ た思い出がある。

そういう思い出があるので、引越しの時にも、どうしても捨てられなかった ものである。

1998年2月5日 記


読書感想文コンピュータ編パソコン