読書感想文コンピュータ編ポストスクリプト

ポストスクリプト入門

著者David A. Holzgang
訳者大木敦雄
発行元パーソナルメディア株式会社
発行日1988年12月15日初版
定価2884円(本体2800円・税84円)
サイズB5版
頁数412頁
ISBN4-89362-044-4

本書は、はっきり言って、 絶対買ってはならない本 である。しかし、この本を私が買ったのは、このページでその酷さを公表す るため‥‥‥ではないのである。たまたまPSで若干のプログラムをしなけれ ばならなくなったのだが、あいにく手元にPSの本が何もなかった。それで、 街まで出かけていく時間がなく、近所の本屋にあった唯一のポストスクリプト の本だったので買ったのである。

なぜ、それほどまでに「けなす」かというと、とにかく 古いのである。翻訳であり、原書が書かれたのは1 987年である。もう10年に近い歴史を経てしまった本であるのが、何より の問題なのである。

もう一つの大きな問題は、純粋な洋書の翻訳で、日本語(漢字)については 一切言及していない。追記も行われていない。要するに、この本を読んだだけ では、漢字の表示をするには参考にならないのである。

この本が価値があったのは、Adobe Systemsの翻訳本をアスキーが出す前で あったから、刊行された当時は、少なくともそれなりに価値があったと思われ る。翻訳者の大木敦雄氏は、C SHELL の本の訳者としても有名であり、訳にそ れほど問題はないと信じている。全ては、時間の経過により本が腐ったのであ る。これは致し方ないことなのである。

結局、私はこの本が役に立たないことを確認し、街の本屋まで、別のポスト スクリプトの本を買いに出かけたのである。もし、他の本が並んでいて店頭で 比較できたなら、絶対にこの本は買わなかった。


読書感想文コンピュータ編ポストスクリプト