読書感想文コンピュータ編データベース
書名 実践PostgreSQL
著者John Worsley、Joshua Drake
監訳者石井 達夫
訳者木下 哲也
発行日2002年10月8日 初版1刷
発行元 株式会社 オライリー・ジャパン
サイズB5変型判
頁数612ページ
定価4,800円+税
ISBN4-87311-102-1

PostgreSQLの本は増えているのだが、どうもインストールとその先をちょっと 書いている程度のものが多く、ちょっと困った状況だ。

本書は、他書に比較すれば、かなりきちんと説明している本で、 学習用としては一番向いているかと思う。タイトルには、「実践」とあるが、 たしかに「実践」と言えないこともないが、けっして「実戦」ではない。 要するに、ちょっと色々なお試し例が豊富だけれども、系統立てて書かれていて、 なおかつ、人によっては途中を飛ばして読んでも大丈夫な作りになっている。 きちっと書かれた入門書という言い方が一番妥当だろうか。

しかし、本書にはとんでもない欠点もある。翻訳は全然良くない。 機械翻訳に手を入れるのを忘れたのかと思わざるを得なくて、 原書を見なければと思わせる個所が多々あった。訳は、もっとしっかりして欲しい。 それとも、「コンピュータ技術者たるもの、原書を読め」ということだろうか。

索引が、ちゃんとしているように見えるのだが、これがなかなか役に立たない。 そういうこともあって、あとでリファレンスとして利用しようとすると、 なかなか苦労させれる本である。

それにしても、Oracleの本の充実度と比較すると、ちょっと情ない気がする。 ソフトを使うというレベルの本は多いのだが、実際にPostgreSQLを使う場合の、 実戦的なレベルの本がさっぱりないのは問題だろう。

オラクル用の本を読みながら、PostgreSQLではどうすれば良いのかを考える、 なんてことをすれば一石二鳥か?(どこか間違っている気がする)

2003年11月10日


読書感想文コンピュータ編データベース