読書感想文コンピュータ編UNIX & X
書名UNIXプログラミング環境
著者Brian W. Kernighan, Rob Pike
訳者石田晴久監訳、野中浩一訳
発行日1985年10月15日
発行元株式会社アスキー
頁数A5版、514頁
定価3800円
ISBN4-87148-351-7

この本は、知る人ぞ知る、滅茶苦茶に古い本である。もう翻訳されてからで も10年以上経ている。しかし、私はこの本を本箱の手近な場所に置き、今で もときどき撫でている。

いまさらこのように古い本を紹介するのは、残念ながら、その後、この本の 存在を怪しくしてしまうような本が出ていないからである。

私が日常使っているのは、bash(GNU Bourne-Again SHell)である。もうシェ ルスクリプトを書いたりするようなことは皆無に近いのであるが、それでもこ の本は手放せない。昔、私がもたもたとUNIXと付き合い始めた頃に常に机上に 置いていたもので、愛着があり、未だに手放せない。

本書の著者の一人はBrian W. Kernighan、つまり、あの、『プログラミング 言語C』の著者なのである。

確かに内容については充分に古い。しかし、シェルの基本、UNIX環境の 基本的な考え方を身につけるには充分である。10年以上の月日が経っても、 いまだに評価に値する本であり、使える本であることはコンピュータの世界で は敬服する以外あるまい。


読書感想文コンピュータ編UNIX & X