読書感想文コンピュータ編UNIX & X
書名UNIX System V
プログラマ・リファレンス・マニュアル
第2版リリース3.0
訳者AT&Tユニックスパシフィック株式会社
発行日昭和60年10月15日
発行元AT&Tユニックスパシフィック株式会社
発売共立出版株式会社
頁数A5版、782頁
定価9000円
ISBN4-320-09706-8
書名UNIX System V
プログラマ・ガイド
リリース3.1
訳者株式会社ソフトバンク総合研究所
発行日昭和62年7月31日
発行元AT&Tユニックスパシフィック株式会社
発売共立出版株式会社
頁数A5版、923頁
定価12000円
ISBN4-930795-61-3

これらは、AT&T Bell Laboratoriesという UNIX System V の親玉が出した本である。

昔、この本が売られていた頃、つまり昭和の終り頃、この赤い本のシリーズ は、UNIXをやっている者にとっては、欲しいのであるが、滅茶苦茶高いので、 せいぜい会社で1冊ずつそろえてくれるような、とてもじゃないが個人では買 えないような価格設定の本であった。

まあ、今と比べても、遥かにUNIX人口の少なかった10年前の本なので、ど のくらい売れたのであろうか。

ところで、この本は10年も前の本である。もしかすると、この本、あるい は赤色ではなく青色のシリーズ本もあるが、いずれのシリーズも、今となって は買う必要はない。

今のように、オンラインマニュアルを手軽に見られる、あるいはオンライン マニュアルを見るのが当然の時代となっては、殆ど価値の無くなった本である。

まあ、本書は、金持ちの印みたいな本であった。私も、この本を買って持っ ていたのだから、昔は金持ちだったのだろうか。


読書感想文コンピュータ編UNIX & X