洋書独書記録

Winston Groom


書名 Forrest Gump
著者Winston Groom
初出1986
発行Black Swan
頁数239ページ(本文)
定価U.K. £ 6.99
ISBN0-552-99609-2

本書の存在は知っていたのだが、とりあえずそのうち読んでみるか程度であった。 それが、広尾の書店で投げ売りコーナーにあったので、つい買ってしまった。

とてもお馬鹿な、愚かな、idiotな人の話で、 英語も綴りが間違いだらけ、発音しない文字はどんどん省略されたり、 それをちゃんと知らずに読み始めて、最初はとまどった。

事件は次から次に発生し、ベトナム戦争へいかされるは、 宇宙へオランウータンといっしょに行かされるは、 ニューギニアに不時着するは、 プロレスラーになるは、 ホワイトハウスに招かれるは、 上院議員に出馬するは、 その他、およそ無茶苦茶な現実性のないストーリーである。

馬鹿といいながら、計算の天才であり、 チェスをニューギニアで憶えたのだが、無茶苦茶強かったり、 このあたりもおかしな話になっている。

でも、まあ、どたばた喜劇、あるいは悲喜劇と思ってみればそれなりには面白い。 どたばたの中で、多くの人との出会いと別れ、そして再会が繰りかえされている。 どたばた喜劇なのだが、友愛が全体に満ちていて、最後が少し泣かせるようになっている。

英語に関しては、綴りも文法もわざと無茶苦茶になっているので、 英語学習として手を出すのはやめといた方が良いかも。

2007年9月30日

洋書独書記録