洋書独書記録

Cecily von Ziegesar


書名 gossip girl
著者Cecily von Ziegesar
発行2002, 17th Street Productions
頁数199ページ
定価US$9.99
ISBN0-316-91033-3

非常に売れている本で、このシリーズですでに10冊も出ているし、 タイトルが"gossip girl"という思わせぶりなこともあって、読んでみた。

感想だが、とてもつまらなかった。最後の方はまあまあなのだが、 そこにたどりつくまで、すごく退屈な本であった。 優雅な女子高校生の話なんだが。

2つのストーリーを同時に追いかけることが時々あり、 そういう場合には1〜2ページ毎にストーリーが交互に切り替わる。 どうもこういうやり方は苦手である。 集中してどんどん話が深く入って行くのは好きなのだが、 複数の話をミックスして書かれているのは苦痛である。

そういえば、 "why men don't listen and women can't read map" などによると、女性は複数の話が平行して進んでいくのをごく自然に理解してしまうが、 男性はそういう能力が乏しい、というのがあった。 確かに、女性作家の本の場合、そういう傾向はあるかなぁ、と思う。 ということは、私の脳は、一応男性脳になっているらしい。

英語に関する限り、まあ普通ではないだろうか。 途中に、何度か、gossipgirl.net というコラム(?)があり、 メールでの読者からの質問とそれへの回答みたいなのがあった。 こういうのがあると、ストーリーがさらにブチ切れてしまい、 興味が下っていく一方であった。

要するに、この本は私の脳には合わなかったようだ。 シリーズの残りの本は読まないことにした。

2007年3月21日
洋書独書記録