ホームページへ

読書感想文の蛇足

色々な本について、しっちゃかめっちゃかに並べていこうと思って、遅々と して作業に励んでいます。なので、なかなか内容を増やすのに時間がかかって いますので、じっくりと待ってください。

私が書くのが遅くてと思われる方、どうか読書感想文をメールにて投稿して 下さい。

さて、内容ですが、今までに読んだり、購入して本棚の肥やしにしたり、と きには出版社からプレゼントされたりして集まった書物の、極めて個人的な、 極めて独断的な読書感想文です。最近の行動に極めて依存していますので、役 に立つかどうか、一切保証はできかねます。

本当は、書評を書いてみたかったのでありますが、浅学ゆえ、とてもそのよ うな大それたことはできません。書評的になっている箇所もあり、著書を、そ してこともあろうに著者をご批判申し上げている(変な表現だね)場合もある かも知れませんが、文学評論では良くあること。まあ、年寄りの戯言と思って お許しあれ。

分野は、コンピュータに関するもの、文庫本、その他のもの、なんでも有り のごちゃまぜです。

ここにあげた感想文を参考に、その本を買うもよし、買うのを止めるもまた よし。全ては読者の方々の、ご英断にお任せいたします。個人が、つれづれに 書きつづったものなので、バグも多数あろうかと思います。ご指摘くだされば (^_^)です。

コンピュータ関係は、 「Cプログラミング診断室」 の「付録B 書評」を参考にし ております。

では、ご笑読ください。


恥さらし

読書感想文の中で、本のサイズに「版」が使われている個所が多数残っていますが、 当然のことながら「判」が正しいのです。初心者なので、こんな馬鹿なミスもしてしまいます。


ホームページへ