JAVAとパズルの世界プログラミングコンテスト

第1回 JAVA パズル コンテスト

応募作品リンクリスト


応募要項

締切:1999年6月10日
発表:1999年6月25日


JavaOne会場でGETしたプレゼントの品々
提供 技術評論社 JAVA PRESS


当選者発表

いろいろ特徴のある作品が集まり、予想以上の結果でした。

後半になるほど応募作品のレベルが上昇する傾向がありまして、次第に選考も難しくなる 傾向がありました。他の応募作品を見ながら、「自分は勝っているな」と思った方もいられる と思いますが、後からより優れた作品が登場してしまうことになって、悔しい思いをされた方 もいられるかも知れません。

参加者全員に、JAVA PRESSがプレゼントされることになりました。その他の 賞品(JAVA ONEの土産)につきましては、これから調整します。講評も後で載 せる予定です。

課題問題部門: 紀 信邦 様:NONOGRAM
課題部門は、解き方をアニメーション風に思考錯誤も含めて見せてくれる 紀 信邦 様 の作品に決定しました。

自由問題部門: ことぶき屋 様:The RAINBOW WORLD
自由部門はいろいろあったのですが、デザインまで含めていろいろ頑張っている ことぶき屋 様 の作品に決定しました。

改造問題部門: 亀井真人 様:ナンバーラインの改造
勝手に主宰者の権限ででっちあげた部門です。この部門には、私が適当に作っておいた ナンバーラインの改造を行なった 亀井真人 様の作品に決定しました。

応募者1:★自由問題: 絵が動くスライドパズル
簡単なパズルですが、操作性がいまいちですね。

応募者2: 川口憲次 様
  ★課題問題: イラストロジック
gifファイルで問題画像を用意できます。
PUZZLE HOUSE には多数のパズルが紹介されています。

  ★自由問題: シルエットパズル
1つの形を切り分て、別の形に並べ替えるパズルです。

応募者3:★自由問題: 三谷 純 様Javaパズルで遊ぼう問題を作ろう
なかなか出来が良いですね。ソースはもうじき公開してくれるようです。
現時点(3月24日)での最優秀候補でしょうか。

★課題部門賞:応募者4:★課題問題: 紀 信邦 様:NONOGRAM
解いている課程が見えます。難しい問題も試行錯誤で解けるようです。

★自由部門賞:応募者5:★自由問題: ことぶき屋 様:The RAINBOW WORLD
なかなか動きも良く、問題数も用意されているので楽しめます。

★改造部門賞:応募者6:★自由問題: 亀井真人 様:ナンバーラインの改造
自動的に解く機能、ヒントを出す機能などが付加されています。
解く過程が見えるのは、なかなかに楽しくもあります。

応募者7:★課題問題: 宮崎誠也 様:お絵かきロジックソルバー
解いている過程が見るし、大きなサイズにも対応しています。 試行錯誤を必要とするような問題には未対応です。

JAVAとパズルの世界プログラミングコンテスト