JAVAとパズルの世界JAVAパズルコンテスト

JAVA パズル コンテスト

課題問題[1]

C++ソースプログラムの公開


ののぐらむ(別名:お絵描きロジック、イラストロジック‥‥など多数の呼 び方が氾濫しているパズル)を取り上げます。

ルールはとっても簡単です。

解放教室では、解くための ノウハウも紹介しています。

詳しくは、 試作のページ問題集をご覧ください。 見て暇を潰して遊ぶだけではダメですよ。ちゃんとプログラムを作ってみな いと技術の向上になりません。そうすると、もっと奥の深い暇潰しの世界に突 入できます。

JAVAのソースプログラムも散乱しています。参考になるか、目の毒にな るか、全く分りませんが、とにかくあります。


C++のソースプログラム

さて、コンテストは、この問題を、様々な角度から考えて、より使いやすい、 より便利な、より面白いJAVAプログラムにしてもらいたいと思っています。

この問題を解くことは、それほど難しい問題ではありません。むかし、もう 4年以上前だと思いますが、C++で問題を解くプログラムを製作しました。作 りには、ある目的があってちょっと変なところがありますが、参考になるかも 知れないということで、置いておきます。

Nonogram.C(解くプログラム)
NonoReverse.C(問題作成プログラム)
Nono.prob(問題データ)
NonoPic.prob(解答データ)

2つのプログラムは、それぞれ、標準入力から問題、絵を入力し、標準出力 に絵および問題を出力します。

Linux上のg++(GNU)でコンパイルしてチェックしましたが、他ではチェック していません。その気もありません。

解き方
Nonogram < Nono.prob

問題の作成
NonoReverse < NonoPic.prob

問題を解いて、また元に戻す
Nonogram < Nono.prob | NonoReverse

このあたりの情報は、自由に利用していただいて結構です。解く方法は、そ れほどスマートではないです。人が解ける程度の問題ならば、殆んど秒単位で できます。これをJAVAで書き直すだけでも、十分実用に耐える速度で動く と思われます。

では、さらなるJAVAパズルの氾濫のために、皆さん頑張ってみよう!


JAVAとパズルの世界JAVAパズルコンテスト