クロスサム解法教室目次

クロスサム解法教室

はじめに


クロスサム(別名:カックロ、足し算クロス、サムクロス)は、1〜9まで の数字の和を利用した、ルールの簡単なパズルである。この簡明なルールと、 問題によっては非常に難解にもなるというのは、パズルとして非常に優れてい る。つまり、出来の良いパズルである。

このパズルは、1桁の数であるが、その数の足し算、ときによっては引き算 を頻繁に行なわなければならない。それは、まるで、小学校1年の算数の宿題 を思い出させる。とにかく、頻繁に計算をしなければならない。

でも、逆に言えば、無味乾燥な計算問題をさせるより、こういうパズルで遊 ぶことにより、必然的に大量の計算を余儀なくさせ、計算に慣れさせてしまう 方が良いかもしれない。本人は遊んでいるつもりで、実は計算練習だったりし て。

さて、そういう訳で、このパズルを解くには計算が必要であるが、いつも計 算をしていては大変である。実際、やり慣れているパズラーは計算なんかあま りしていない。色々なパターンを覚えていて、あるいは戦略を心得ていて、効 率良く解いていくのである。

というわけで、このパズルを解く時の参考になることを書き留めようと思う。 でも、残念ながら、私はこのパズルがあまり好きではない。なんといっても、 最後は計算をしなければならなくなるからである。もちろん、すべての組合せ を記憶しておき、その中から該当するパターンだけを瞬時に列挙できる能力が あれば計算は避けられるが、それも大変である。

私の能力は、1晩で10題とか20題作れるとか、ニコリの本なら中級と上 級の中間位の時間で問題は解ける。ただ、どうも計算をやっていると、勉強を しているような気になってしまい、パズルにのめり込めないので、上級者にな れずにいる。

そういう私だが、知っている限りの情報や戦略を提供しようと思う。どうし ても、「表」のようなものが多くなる。そのため、このパズルは好きな人と嫌 いな人とに分かれるようだ。ちょこちょこと細かいことが好きな人には向いて いるようだ。

なお、このパズルは欧米でも行なわれており、手元の雑誌を見ると、Cross Sums と名前がついていた。それにしたがって、私は「クロスサム」と呼んで いる。


クロスサム解法教室目次