ののぐらむ解法教室目次

ののぐらむ解法教室

一般常識


「端の隣が黒」の常識


一般常識になって、なんだかノウハウらしいことが出てきます。

まず、次のように、端が未定で、その隣が黒に決まっている場合を考えてみよう。

3つの場合(A,B,C)はいずれも左端の場合なので、注目するのは左端の数字になる。

どうなるかというと、

A ‥ 1
数字が1の場合は、黒マス1つに直接対応するので、その両脇が白マスに確定する。

B ‥ 2
残念ながら、この場合には何も決まらないのである。

C ‥ 3
3の場合には、左寄せになった場合でも、上図C のように、左端から3マス目が黒に 決定する。
実際には、3以上の数nについて、既決の黒マスの右側に、n−2個の黒マスが決まる。


この常識は、実際に問題を解く場合には頻繁に出るパターンである。

入門者を抜けるためのノウハウのその1かな。


ののぐらむ解法教室目次