ののぐらむ解法教室目次

ののぐらむ解法教室

一般常識


「端の隙間が数字と同じ」の常識


次の場合、何が決定できるだろうか。

まず、この黒マスは、どの数字に対応するのかに普通は注目する。

1に対応させようとすると、黒マスより左側は3マスしかないので、3の処理に困る。

したがって、この黒マスは3の一部にならざるをえない。 すると、黄色を全部黒くすると、長さが4になってしまう。

あるいは、もう黒マスが3の一部だというのが分かっているので、3を最も左に寄せ た場合も、左端が1つ空いてしまうので、左端は白マスに決定する。

まとめると、数字と同じだけの隙間(一端が端、他端が黒)があった場合、 端のマスは白マスになる。

最初の数字を、左端に寄せて居れようとしたら、数字よりも長くなってしまうので 端を黒くできない、あるいは既にある黒マスに引っ張られて端が空くという感覚 といっても良いであろう。


ののぐらむ解法教室目次