ののぐらむ解法教室目次

ののぐらむ解法教室

一般常識


「対応数字が確定」の常識


次の場合、何が決定できるだろうか。

中央付近に2連の黒マスがあるが、これは3、4、2のどの数字に対応するかを 調べることにしてみよう。

まず、3に対応すると仮定してみよう。

すると、それより右に4と2を配置しなければいけないが、収まらない。 したがって、3と仮定したことは誤りである。

次に、2と仮定してみよう。

すると、それより左に3と4を配置しなければいけないが、これは論外である。

ということで、中央の黒は4の一部であることが分かった。

左側に3、右側に2が入ることになるが、狭い左側については決定できそうである。

左側の3を左寄せ、右寄せにした場合の共通部分を調べると、結局次のようになる。

1個所だけであるが、黒マスが決定した。進展が少ないように思うかもしれないが、 これに直交する方向で、この黒1マスの決定で次々に決まって行くことはよくある。


ののぐらむ解法教室目次