ののぐらむ解法教室目次

ののぐらむ解法教室

一般常識


「左寄せ右寄せの応用」の常識


基礎常識で左寄せ右寄せの常識を紹介したが、 そこでは、まだいずれのマスも未定の何も手がつけられていない場合であった。

しかし、実際のパズルでは、部分的に決まっている部分があることが多い。 そういう、より実際的な場合について説明してみよう。


白マスが決まっている場合

上の図のように、2マスが白マスと決まっている場合について考えてみよう。

左寄せをすると、上図のようになる。

右寄せをすると、上図のようになる。

この、右寄せ、左寄せについては何も問題ないと思うが、どうだろう。 実際に、どの数字に対する黒マスの繋がりも、右寄せ、左寄せの場合にこうなる ことをきっちり把握してほしい。

右寄せ、左寄せを1つにまとめてしまうと、つぎのようになる。

この図で共通部分のマスに色をつけると、次のようになる。

中央のオレンジは、同じ3の左寄せと右寄せが重なった部分なので、黒マスに 確定である。

しかし、黄色のマスに関しては、異なる数値に対応する部分が重なっているだけに 過ぎない。 左側の黄色は、左寄せの1と右寄せの2の重なりである。 右側の黄色は、左寄せの3と右寄せの1の重なりである。

これら黄色の部分は、白マスになる可能性もあるので、何も決まらない。

したがって、この場合に決定できるのは、下のオレンジの部分だけであった。

白マス[・]により、3つの部分に分かれているが、右側は2が入る。中央には 3が入る。左側には2が入る。しかし、1に関しては、左側か中央かどちらに 入るかは決まらないのである。


黒マスが決まっている場合

こんどは、次のように、黒マスが2個所だけ決定している場合について考えよう。

3、5、2を黒マスを意識しながら左寄せ、右寄せしてみよう。

ということで、今回の場合、黒マスがあってもなくても、左寄せ、右寄せにはなんら 変化がなかったことが分かる。

1つにまとめて示すと、次のように有る。

ここで、共通部分を考えて色をつけると、次のようになる。

黄色は異なる数字に対応する部分である。 中央のオレンジの部分は、5の左寄せ右寄せの共通部分である。

実際には、黄色は不要なので、上のオレンジの部分だけが新たに決定できた。

元からあった左右の黒マスについては、左寄りになった場合には左側の黒マスが5の一部になり、 右寄りになった場合には右側の黒マスが一部になる。


色々決まっている場合

もうちょっと複雑な場合、つまりより実際的な場合について考えてみよう。

左右に寄せた場合の共通部分を確定とするのは同じである。

左寄せは次のようになるが、分かるかな?

このくらいがすぐに分かれば、もう初心者ではない。

左側の黒マスより左側に左端の3を入れると、最初からある黒マスを次の3に対応 させなければいけないのだが、これは不可能である。したがって、左側の黒マスは、 左端の3の一部になるので、左端の3の一番左よりはこの位置までである。

2番目の3の一部が右側の黒マスを一部として使わなければならないのは、 「端の隙間が数字と同じ」の常識である。

こうして、左寄せの場合が決定する。

次が右寄せの場合である。これは簡単なので説明は不要であろう。

左寄せ右寄せを合わせると次のようになり、

共通部分を考慮すると次のように黒マス、白マスが確定する。

黒マスの確定については見逃すことは少ないが、往々にして白マスに決まるところを 見逃すことがあるので、注意しよう。


最後に示した例くらいがすいすいできるようになれば、多くの問題が着実に解ける レベルに到達しているはずである。 市販の雑誌や本の多くはこのレベルまでで楽勝であろう。でも、本当は、まだまだ 先がある。本当の面白さはこの先に存在する。


ののぐらむ解法教室目次