目次

ののぐらむ(イラストロジック)

解法教室

初心者コース(2)



さあ、どんどん進んでしまおう。そのために、1行あるいは1列だけを取り 出した図を用いて説明するのは省略しよう。

左から2列目の縦がずいぶん決まったので、この縦の列に注目しよう。この 列は、(2,4)である。このとき、2 は完全に確定する。

次は、同じ左から2列目の (2,4) の 4 を調べよう。

下側の5マスに長さ4のを入れるのである。このとき、上寄せに4マス使用 した場合と、下寄せに4マス使用したときの共通部分は中央の3マスになる。 分からなければ、実際に試して欲しい。

そして、また横方向を見る。今■にした3マスに対する横方向3行は、上から 順に、(1,1), (1,2,1), (2,2) である。そして、各行の最初の数、1, 1, 2 に 対する部分が塗られたのであるから、これらの数に対する塗る位置が全部決まり、 隣との間の空白も決定する。

次は、一番上の横方向を調べてみよう。1行だけを取り出したのが次図である。

ここで、(3,3) の左側の3の配置について考える。左から2マス目に■が存 在し、この■は最初の3の一部になることが分かる。したがって、長さ3の■ が、一番左に寄せた場合と、一番右に寄せた場合で、いずれも最初からある■ を含む場合は下の2つの場合になる。



したがって、これらの共通部分から、■になるマスが1つだけ決まる。

以上の成果を反映しよう。すると、左から3列目の (1,1,2) の最初の 1 が決まったことになる。

そのまま、その縦の列に注目しよう。下側を見ると、既に■があり、これが 2に対応することがわかる。すると、その隣(上か下)も■で長さが2になら なければならないが、上側は止まっている。だから下側が■で長さ2になる。

もう、どんどん連鎖的に決まってきて、楽しいではないか。

最下行に■に決まったマスが出来たことだし、また1行だけ(最下行) を取り出して検討してみよう。

この行の数列は、(6)であり、数字が1つしかないから、この行に現れるす べての■は連続していなければならない。だから、途中の空きマスは■になる。

6マス中4マスは決まった。それでは、例によって、これらの4マスを含んだ 長さ6のマスの、最も左寄りと、最も右よりの場合を調べよう。


これらの共通部分から、■マスにならなければいけない部分が決定する。

また、以上を全体の中に反映させると、右図のようになる。

このとき、右から4列目縦方向を見ると、(2,1,1) であり、■になった部分 は最後の1に対応することが分かる。だから、その上のマスは空に決まる。

中央の縦2列の最初の数字が、いずれも1になっている。そして、上から 2マス目は■マスになっている。

ということは、この■の前後に■があると、最初の数字が2以上にどうして もなってしまう。分かるかな?

ということで、■の前後は になる。

ここまでできれば、右側は今までの復習だ。右のオレンジ色の部分が決定し てしまうことを自分で確認されたい。

左右がほぼ対称になっていることに気がついたであろうか。完全な対称では なく、若干異なることにも注意されたい。

もう、ここまで出来たら完成と同じだ。あとほんの少しで完成する。

続く>>>


本ページの解法教室の解き方の内容については、無断転載を禁じます。全て の著作権は、藤原に帰属します。
目次