目次

ののぐらむ(イラストロジック)

解法教室

中級者コース(2)


まだ、ちょっとしか進展していないように思えるだろうが、この後、次々と 決定できるところがある。

といっても、何も考えなくても決まるほどは簡単ではなく、前のページで解 説した程度に調べれば決まるところがたくさんあるのである。

だから、これをもって、解説終了としてもいいのだが、親切にも解説を続け ることにする。

今度は、右下隅に注目してみよう。隅を■と仮定して、 のマークを打つ。

そして、垂直方向を決める。

引き続いて、水平方向を決定してみよう。

そして、またまた垂直方向に注目だ。右から2列目に注目すると、下の数字 は1であるのに、3になってしまって矛盾が発生。

これで、右下隅は、 に決定する。

すると、縦方向の未決定部分が1マス短くなり、中央の2マスが■に決まる。

そして、その左のマスは、 になる。

ここで、右下隅のの1つ上を ■と仮定したら場合を考えよう。同様の方法で進めれば答えは求まるし、面倒 なのでこんなことまで解説はしない。

もちろん、になることは分かっ たであろう。分からなかったら、また最初から読み直すべし。

優秀なる諸君は先に進もう。

になり、縦方向の未決定部分が また1マス短くなり、中央の3マスが■に決まってしまった。

ここで、右から2列目(空色)を調べよう。上から「3、1」であるが、3 は上側にしか入らない。4マスの中に3マス分のを入れるから、中央2マスは ■に決定だ。

右下の を調べよう。

今まで同様に塗りつぶしていくと、このような凸形に塗られる。

ここで、下から2行目に注目すると、右端の数字は3であるが、盤面では1 になってしまって、矛盾である。よって、また1マス決定した。


さらに、その左マスを調べよう。

すると、まったく同様な理由で矛盾し、 に決まる。

ここで、右から3列目の縦方向を調べる。

の3マスが決定するのは単純だ。

ここで、右端に戻って、 のマスを調べよう。 ■と仮定すると、水平方向を調べると矛盾する。

これで、右端の縦1列は完全に決定した。

その後、馬鹿でも分かるところを次々と塗るという単純作業をするだけで、 右図の状態まで到達する。

もし到達方法が分からなかったら、この説明を最初から読み直しても無駄だ ろうから、もっと易しいパズル雑誌で、初心者コースから練習すべきである。

理解できないまま進んでも無駄ですよ〜(^_^)

続く>>>


本ページの解法教室の解き方の内容については、無断転載を禁じます。全て の著作権は、藤原に帰属します。
目次