ナンバープレイス解法教室目次

ナンバープレイス解法教室

基礎常識


「平行線」の常識


ある数字に注目したとき、その数字から水平または垂直に平行な線を引くと、 空きマスの数字が決まることがある。

左図の場合がその例である。

左上、左中の太線枠の中の1から水平線を引きます。この線が引かれたマスには、 ルールより1を入れることはできません。

右上の太線枠には、1がどこかに入りますが、上の2段には1を入れては行けない という線が引かれているので、3段目に入れるしかない。そして、3段目の 2マスは既に数字が入っているので、1が入れられるのは黄色マスの個所しかない。

という訳で、赤の1が決まった。















実戦練習

実際の問題で、どのように使うのかを見てみよう。

左図は、かなりたくさんの数字が最初から出ており、「平行線」の常識 がどんどん 使えそうな問題である。

どこに使えるか分かるであろうか。

使える場所はたくさんあるが、左下の黄色のマスについてだけ説明しよう。

ここが1に決まるのである。

左の方の1に注目すれば、このようにして1に決まる。

さらに、左図の黄色いマスが、今決まった1の影響で決まることを説明しよう。

こんどは、水平に線を引いた。1本は、今決まった1であり、もうひとつの1は、 最初から決まっていた1である。

なお、説明のために線を引いているが、実際には頭の中で線を引いて決めるように しよう。

美しいパズルとは

ナンプレ問題
自動生成


これで、今日から
貴方もパズル作家

Cパズル
プログラミング
〜再帰編〜



本ページのナンバープレイスの解法教室の解き方の内容に ついては、無断転載を禁じます。全ての著作権は、藤原に帰属します。
ナンバープレイス解法教室目次