ナンバープレイス解法教室目次

ナンバープレイス解法教室

基礎常識


「水平線垂直線」の常識


ある数字に注目したとき、その数字から水平な線と垂直な線を引くと、 空きマスの数字が決まることがある。

左図の場合がその例である。

まず、「平行線」の常識により、黄色の2マスのどちらかに1が入ることが分かる。

次に、この2つの黄色のマスのうち、左側のマスの下に1があり、その1に対して 垂直線を引く。

そうすると、2の右側の黄色のマスにしか1が入れられないことが分かる。

そういうわけで、左図の赤色の1が決まる。















実戦練習

実際の問題で、どのように使うのかを見てみよう。

左図の黄色のマスが1に決まる。

調べ方は、この黄色のマスを含む3×3の太線枠を通過する1の影響する範囲を 線を引いて調べると分かる。

同様にして、左図の黄色のマスが1に決まる。

理由は分かりやすいであろうが、これを見つけられるかが問題である。

美しいパズルとは

ナンプレ問題
自動生成


これで、今日から
貴方もパズル作家

Cパズル
プログラミング
〜再帰編〜



本ページのナンバープレイスの解法教室の解き方の内容に ついては、無断転載を禁じます。全ての著作権は、藤原に帰属します。
ナンバープレイス解法教室目次