ナンバープレイス解法教室目次

ナンバープレイス解法教室

一般常識


「空き直線」の常識


直線を引くことで決まって行くのだが、ちょっとした応用である。

左図が今回の例である。

まず、左の1について水平線を引いて、1を入れられないマスを消す。

すると、中央の太線枠の中で1が入れられるのは、水平に並んだ3つのマスである。 このどれに1が入るかは決められないが、いずれかである。

ということで、1は、水平に並んだ3マスのいずれかにはいるのであるから、 同じ水平線上の他のマスには入らないので、ここにも水平線を引く。

そうすると、1を入れられるのは黄色のマスだけになる。

そういうわけで、左図の赤色の1が決まる。

美しいパズルとは

ナンプレ問題
自動生成


これで、今日から
貴方もパズル作家

Cパズル
プログラミング
〜再帰編〜



こんどは、最初に引いた直線と直交する方向に、入る可能性の有るマスが並ぶ 場合について説明する。

左図がその例である。

左端の1の垂直線により、左上の太線枠の中は、1が入る可能性のあるのは、 2マスだけなので、2ますのいずれかに1が入る。

1の入る可能性のあるマスが水平に並んでいるので、水平に線を引くことで、 1が入れられないマスを消す。

さらに、右上の1についても水平線を引く。

すると、上の中央の太線枠の中で1が入れられるのは、黄色マスだけである。

そういうわけで、左図の赤色の1が決まる。

ちょっと面倒だったかも知れないが、このくらいはできないと中級者になれない。

『プログラミング
Gauch』
O'Reilly Japan刊

鋭意作成中状況

出版記念
gauche.night

3/8(土)18:00〜
お台場
前売券:1500円
当日券:2000円

主催
オープンソース
Scheme言語処理系
Gaucheの愛好者団体

gauche.gong
出場者募集中

詳細はブログで



実戦練習

左図について、ここで解説した常識が使える場所があるがわかるであろうか。

水平線を1本引く。

すると、右下で9の入るマスが水平に並ぶ。

水平に並んだマスに対する水平線を引く。

ここで注目するのは、まだ9が出ていない左下の太線枠である。

上の方を見ると、9は左から2列目にあるので、黄色いマスの方に9が入れられる。

というふうにして、赤色の9が決まる。

たくさんの余分の数字があると、問題のどこに常識を適用できるか分かりにくいであろう。 早く見つけ出せるようになるには、たくさんの問題を解いて、勘を身につけるしかない。















本ページのナンバープレイスの解法教室の解き方の内容に ついては、無断転載を禁じます。全ての著作権は、藤原に帰属します。
ナンバープレイス解法教室目次