ナンバープレイス解法教室目次

ナンバープレイス解法教室

難解常識


「残り物」の常識


ここで、難解というより、面倒ということで敬遠される常識を紹介しよう。

まず左図に適用できる例を示す。

左の黄色のマスが1に決まるのである。

なぜなら、ルールにより、黄色のマスには、黄色のマスと同じ縦、横、太線枠の中 にある数字は入れられないからである。

あるマスの3方向(グループ)について、まだ出現していない数字が1つだったら、 その数字がそのマスに入る。

すると、黄色の2マスには、まだ2または3を入れることができる。というよりも、 この2つのマスに2と3を入れるしかない。

こうして、赤色の1が決まる。

この常識はルールそのものであり、あまりにも簡単に理解できるであろう。 しかし、実際にこういうマスがあっても見つけにくいものなのである。















実戦練習

ここで紹介する実戦は、以上説明した「残り物」常識の応用で、 ちょっと難解かも知れない。

どこが決定できるかというと、黄色のマスである。

単純に調べると、1、2、3、4、5、7、が既にどこか関係する位置にあって 黄色のマスには入れられないことが分かる。

でも、ちゃんと調べると、決まるのである。

6と9を小さく書いているマスが2つあるが、この2マスに6または9が入る ことが分かるであろうか。

9についは、上中央の9を見ればすぐ分かる。 6については、その9の上が2マス空いているが、そこには5か6が入るので、 9と6は縦に並ぶことになる。したがって、赤で小さく示した位置にしか 6と9は入らない。

上級者になったら、このくらいはさっさと分かろう。

ということで、黄色のマスには6と9も入れられないので、「残り物」の8が入る。

やっと「数独」らしくなって来たけれども、まだ勉強をあきらめていないかな。

美しいパズルとは

ナンプレ問題
自動生成


これで、今日から
貴方もパズル作家

Cパズル
プログラミング
〜再帰編〜



本ページのナンバープレイスの解法教室の解き方の内容に ついては、無断転載を禁じます。全ての著作権は、藤原に帰属します。
ナンバープレイス解法教室目次