JAVAページナンバースケルトン

ナンバースケルトン(ナンスケ)

作業報告書(パズル日記)

やってみようか開始(1997年 4月30日)
プログラミング開始(1997年 5月XX日)


5月3日
解答から問題をつくるのを perl で書いてみた。久しぶりのperlでて こずった。やっぱり私は惚けて来たかな
きょう、ちょっとだけプログラムを変更した。1607行になったの で、−168行の作業をしたことになる。それで、若干の速度アップ があった。やっぱりプログラムは削るに限る。
まだ、複数解への対応をしていない。
番号   実行時間(秒)
       5月2日  5月3日
10        0.02
20        0.02
30        0.02
40        0.10
50        0.08
60        0.04
70        0.06
76       21.43    4.18
77        0.99    0.50
78        7.85    2.54
79       18.97    1.92
80       47.39   28.52
せめて問80を10秒以内にしなくては。

5月2日
試作の試作のC++での解法プログラムで、ニコリのペンシルパズル 本の問題を解いてみる。まだ、どんどん決定できるところと、もしも これを置いたら駄目かしら(一応1手先読みと言うのだろうか)とい う部分だけを書いた。
ただし、この1手先読みが、全部のマスに対して順番にチェックする という馬鹿な方法のため、非常に効率が悪い。後で直そう。
ニコリのペンシルパズル本『ナンスケ1』を解いた時の実行時間:
番号      実行時間(秒)
10        0.02
20        0.02
30        0.02
40        0.10
50        0.08
60        0.04
70        0.06
76       21.43
77        0.99
78        7.85
79       18.97
80       47.39
いずれの場合も、一切試行錯誤なしで解けてしまった。
まだ、複数解答があった場合の対応はしていない。まだまだ完成まで の道は遠い。 行数は、総計1775行/3日かな。

4月30日
このところJAVAパズルのプログラムの製作をやっていない。そろ そろ忘れてしまうのではないかと心配になり、ナンバースケルトン (ナンスケ)をちょっと考え始めた。
それで、C++でナンスケを解くプログラムを、ちらっと書いてみよ うかなと思い、作り始めた。

JAVAページナンバースケルトン