折り紙作品折り紙本

千羽鶴折形



鶴のモーメント

一枚の和紙から複数の正方形が互いにつながった状態に切り、折りあげたも のです。それぞれの接点は、2羽の鶴が、互いに羽根を合わせた状態になって おり、末端へ行くにしたがって、鶴の大きさが小さくなっています。これは、 1枚の紙から正方形を切り出すと、必然的にこのような比率になっていきます。



青海波(せいかいは)

一枚の和紙から、同じ大きさの正方形が互いに頂点同士でつながった状態に 切れ目を入れてから折り始めます。

「青海波」というのは、もともとは雅楽のひとつです。古くは、中国の青海 地方の風俗音楽らしい。そして、雅楽「青海波」の踊曲に用いる波形を描いた 衣服の染模様のことも「青海波」という。この模様は、波の繰り返し模様です。

折る途中で、頂点が切れてしまわないように、繊維の長くて強い和紙を選ば なければいけません。


ここで紹介した作品は、 『千羽鶴折形』笠原邦彦著 を参考に作成しました。


折り紙作品折り紙本