ホームページ目次1996年前の話次の話

お〜い、生きてるか?レンタルサーバよ、応答せよ!

1996年4月11日

今は春。何をやっても眠くなる季節である。それで、なんとか眠気をさます ために、WWW三昧でもやっていようか、はたまたアイデアが枯渇し、原稿が 進まなくなったときの時間潰しにとWWWを活用している。

そんなことをやっているから、あちらこちらのホームページを散策し、「ふ〜 ん、つまんね〜の」と思いながら、また次へ行く。

しかし、そうはさせてくれない、邪魔をするやつが現れた。マウスをいくら ツンツンしても、なかなか応答しないやつである。まあ、弱小プロバイダのレ ンタルサーバーなら、「まあ、そういうこともあるだろう。しゃあないなあ」 と思うだけである。

で、まあ、そういう時には、椅子の上で、眠りながら、ときどき、「まだか いな」と目を開け、また眠るのを繰り返す。でもなあ、これって、非常に疲れ るんだよなあ。

そう、いくら安いといったって、これでは見てもらえんぞ。
「なんじゃい、 お前の会社、そんなしょうもないところにしかレンタルサーバ借りられなかっ たのか。はよう止めて、まともな所に移らんかい。」
と心の奥の方で思ったりする訳である。

回線の太さを非公開にして、非常に細い回線しか用意しなかったのに、堂々 とレンタルサーバビジネスをやっている所もある。でも、まあ、だれにも見ら れなければ、それでも遅くて困るということはない。誰にも見てもらえないの も、回線が細い場合には嬉しいことだろう。

それでもって、そのめちゃくちゃ遅いところが、 ここなんだよね。 ここのレンタルサーバのインデックスが、 「企業のホームページ」 として存在するのであるが、これが滅茶苦茶に遅いのである。ここは、サー バオペレーションサービスという、お客様に代わって情報発信WWWサーバの 面倒を全部見てくれるということになっているんだが、どうもねえ。

サービスにも、専用サーバと共用サーバの2種類があって、滅茶苦茶に遅く てどうにもならないのが、共用サーバサービスの方である。まあ、そのへんの ことを詳しく知りたければ、 詳細説明があるので参考にしてください。それによると、 http://www.infoweb.or.jp/xxxxxxxx の形式になるのが共用サーバを使用している場合であるらしい。

で、元の話にもどる。ここのレンタルサーバには、日本を代表するような企 業、つまり東証一部上場企業などのホームページも置かれているのである。だ から、まあ、大勢の人が訪れているので、サーバに負荷がかかっているのだろ うとは思う。

でもなあ、ほとんどの場合、十分に待たされた上で、 Operation timed out と出ることが多いんだ、ネットスケープの場合なんだけれどね。

この遅さはたまらない。まあ、私はここに借りている訳ではないから、気楽 に「遅い、遅い、遅いぞ〜」とぶつぶつ言って、ここを見るのを止めればいい だけだけれども、でもなあ、ときには欲しい情報を提供してくれる企業もある んで、ずーーーーーっと待つんだが、ときどき、
「お〜い、生きてるか?応答せよ!」
という気分になる人も広いインターネットの世界にはいるのではないだろう かと心配している。

「おーい、なんとかしてくれ〜」


ホームページ目次1996年前の話次の話