ホームページ目次1996年前の話次の話

Windows95はリブートが大好き

1996年7月30日

もう、7月も末になってしまった。昨日は、やっと校正を終えつつあったゲ ラを、地下鉄の中で校正しながら出版社に深夜たどり着き、なんとか昨日中に 渡すことができた。まあ、編集の方でもしっかり校正していてくれたので、赤 (バグ修正)は少なくてすんだので、皆様の御期待の『インターネット暴露本』 は8月末には全国津々浦々の書店で野積み、平積み、山積みされる筈である。 これで、皆さんの残暑も快適に過ごせることと思う。

そういえば、厚生省が正式にホームペー ジをオープンした。各省庁が結構無駄なデザインに凝ってしまって、内容 が希薄なのであるが、厚生省のページは滅茶苦茶シンプルであり、色々な情報 を腐る前に伝えようという姿勢が見えて好ましい。なにしろ、厚生大臣の菅直 人氏は、その昔ビデオテックスをやっていたりした筈だ。それに、出身が東京 工業大学の応用物理である。東工大の応物と言えば、インターネット業界をリ ードしている人をかなり排出している所であり、私の知合いにも何人かいる。 まあ、そういう背景が影響しているかどうかは知るよしもないが、情報公開の 先鞭になるようなホームページに発展させてもらいたいものである。まあ、菅 直人氏は、もともとそういうふうな市民活動をしていて、厚生省に噛み付く立 場であったので、どこまで情報公開をやってくれるか注目に値する。

さて、話はまるで変まる。私も普通の人間であるので、家にパソコンを導入 して、Windows95を使い始めた。いや、正しくは、愚息に使わせ始めたといっ た方が正しい。あんなもん、決して使うもんじゃないと思って疑わない正真正 銘のLinuxファンを自認しているから、ああいう間違った設計のものはいかん、 と思っているのだ。

でも、世間の阿呆どもは、Windows95の宣伝文句に惑わされて、しょうもな いコンピュータ、とりわけコンピュータの性能を全然引き出すことのできない、 性能をぶっ殺すようなOS(あれのどこがOSじゃ!と思うが黙っておこう) が流行ってしまった。良くないことだが、流行ってしまったので、家にも仕方 なく導入した。愚息が村八分にされては可哀想だと思って、Windows95にした のである。

で、事務所にしているところの本箱や家の本箱あるいは段ボールの中を捜し てみたのだが、ぜーんぜんWindows95の本がないことが発覚した。Windows3.1 の本もないし、DOSの本も殆どない。ある本と言えば、Unixに、X Window、Perl にTil/TkにJavaってもんで、その他にあるのはCとC++、あと僅かにあるのが Lisp関連で、最近はインターネット関連も若干はある。でも、世の賢い人々 が使っているとか噂に聞くWindows95の本は全然見当たらない。

でも、たかがWindows95、どうでもなるだろうと思って、たいして本も買っ ていない。でも、まあ、手頃そうな入門書を1冊だけ買って来て、「まあ、 これでも読んでみな」と言って愚息に渡しておいた。

愚息はゲームをやったりしながらも、ときどきは本も読んだり、Helpを見た りしながら、次第に操作を覚えているようだ。で、環境を整えるために、時々 プロパティをいじっている。

プロパティ、あるいはそれに類するものをいじって自分勝手な環境を整える のは、どのコンピュータでも今は一般的であるので、「そう、そうやればいい んだよ」と知ったような返事を私はしていた。

でも、愚息が、「Windows95には参っちゃうよ」と言っていた。プロパティ を変更する度に、ブートされちまう。ちょっと変更して、その変更結果を確認 しようと思うとリブートし、ボヨヨ〜ンという再起の音を待たなければならな い。この度に、

「またかよ〜」

といって、買ったばっかりのベッドにどさっと倒れ込んでいる。

「どうして、プロパティを変更するだけで再起動になってしまうんだ」と愚 息に質問されても、私には答えられない。そもそも、プロパティを変更するだ けでリブートまで行なわれてしまうスーパー馬鹿な設 計をする人間が存在するなんて信じられなかった。画面が消えて、メモリチェッ クからやり直されるのを見たら、普通の神経をしているコンピュータ技術者な らぶっ倒れるのではないかと思うのだが、最近は違うのだろうか。

マルチプロセスとかなんとか言っておいて、リブートとは一体なんなんだ。 私のLinuxマシンなんて、あっちゃこっちゃ変更したって、何ヵ月もリブート なしの連続運転なんて当たり前のことである。メモリ不足でうなっていたころ には確かにリブートもあったが、32MBにして以降はリブートの記憶はない し、80MBにしてからは、めちゃんこ快調である。

まあ、天下の某社が開発したとかいう便利なウィンドウシステムなのだから、 これが世界の常識である。リブートもせず、どんどん環境を変更できたりする 方が異常であり、変なのであろう。

これも、私が、年を取り、世の常識について行けない為であろう。

まあ、私が大学の先生にでも万一間違ってなっていて、学生がそんなOSで も作ってこようものなら、絶対に単位は与えないだろうし、作り直させるに決 まっているのだが、う〜ん、世の中の設計の常識が分からなくなってしまった。 そろそろ私も引退時か。


ホームページ目次 1996年