ホームページ目次1996年前の話次の話

NTTが某プロバイダにデジタル回線料金を誤請求

1996年8月16日

お盆は、関東の奥地まで行って来た。もちろん、藤原家代々の墓地は児島 (倉敷)にあるのだが、関東の奥地には、妻の方の墓があるので行って来た。 まあ、毎年恒例の墓参りというやつである。

もちろん、日頃の行ないが悪いので、行きも帰りも大渋滞に巻き込まれ、殆 ど車で揺られていた。まあ、一応自動車免許なるものも持ってはいるが、関東 地方ではあまり乗らないことにしている。それで、妻の兄弟が運転する車の後 ろに乗り、UNOを愚息とやりながら行ったのであるが、何時までたっても何 時も立ち寄りトイレを利用する途中のコンビニにも付かない。

昼には墓参りして、いつものように宮内庁御用達のうどんをお昼に頂くこと にしていたが、かなり遅くなってから、やっと着いた。墓まで車でスィーッと 行こうとしたら、墓所の入口の角に新しい墓ができていて、あやうくごっつん しそうになるが、私が運転している訳ではないので難なく避けた。それにして も、毎年行くごとにボコボコと墓が増えていくのは凄いものである。関東の山 奥だというのに、こういうところにぼこぼこと墓を作るのだ。

それで、いつも立ち寄る親戚に寄って、宮内庁御用達のうどんをいつものよ うに食べさせてもらって、帰りも混んでそうだということで逃げるように立ち 去ったが、やはり帰りも混んでいた。もう、滅茶苦茶疲れた盆休み、墓参りで あった。

さて、その墓参りの前に、どうせ今週は誰も仕事をしている訳もないだろう ということで、乗物に乗って都会にある某プロバイダに遊びに行った。すると、 電話で何やらNTTと料金のことでもめているようであった。

プロバイダというところは、よほどちんけなところを除いて、とにかく電話 回線がやたらに集中しているところであり、相当の料金をNTTに納めている 訳である。日本の電話料金は異常に高く、その高い料金が日本のインターネッ ト普及、プロバイダの料金の低価格化を邪魔しているのは良く知られているこ とだ。

で、電話でNTTの担当者らしい人と、デジタル回線の料金についてゴタゴ タもめていた。勝手に聞こえて来た話の内容からは、デジタル回線の付加料金 についてであった。

まあ、NTTともめているのは、よくあることで珍しくもなんともない。た だ、話を聞いている限り、どう考えても、NTTの担当がISDNについて良 く知らないらしいことだった。もちろん、これも珍しくない。

ちゃんと正しくISDNについて答えられる人間の方が珍しいんであって、 「ISDN、それは何ですか?」というのが普通であった。それに、「NTT ですが、新しい電話サービスはいかがですか」と戸別訪問してくるのがあるの だが、そういうのはもう何も知らない。相手をするのも馬鹿馬鹿しいのが来る ので、そういうのに出食わすと、さっさと帰ってもらうことに私はしている。

さて、話をもとのトラブルに戻そう。

どんどんもめて、最後には、プロバイダの人が、NTTに人に対して、IS DNの料金計算やサービス内容についての基本的な質問をしている。要するに、 NTTの担当者の知識、能力を試しているのである。まあ、このへんになった ら、もう、笑いを堪えるのが精いっぱいであった。

結果はというと、もちろんNTTの人は答えられない。まあ、自分が分から なければ分かる者にさっさと交替すれば良いものを、それでもぐずぐずやって いたから、プロバイダの人間が立腹し、 「あんたは分かっていない。あんたの上司を出しなさい」 という展開になっていった。

次々とそういうことを繰り返し、やっと技術の分かる 女性 に電話が回された。女性に変わってからは、てきぱきと事が進んだようであっ た。もちろん、不正請求された金額は、さかのぼって全額返済と決まった。当 たり前のことである。

後で、そのプロバイダでNTTをとっちめていた人からメールで詳細が伝わっ て来た。彼の感想としては、

NTTの民営化以前の男共は全然役に立たん。もうISDN時代から完全に 落ちこぼれている。それにひきかえ、女性陣のしっかりした対応。こちらが圧 倒されるようだ。きっと、各電話局レベルでは、優秀な女性陣の尻にしかれて いるのであろう。男性陣と女性陣の間には、電話で話しているだけでも可哀想 な程の差がありました。トホホ。
と感想を漏らしていた。まあ、東京のど真中の特別に男性陣が無能な電話局 だったのだろうと思うが、でも、これが全国の殆どの電話局の実態かもしれな い。だから、初めから、女性のところに行って質問したり、手続きをした方が トラブルに巻き込まれないのかもしれない。

もちろん、日本の電話料金が高いのは、こういう分からない人に、良く分か る女性よりも高い給与を払っているのも原因の一つになっているに違いない。 だから、皆さん、我慢しようね。

ところで、NTTの ISDN Home Page であるが、非常に遅いのである。見る気も失せてしまうくらい低速なのであ る。デジタルにすれば速くなると宣伝しておきながら、そのホームページが何 処のホームページよりも遅いくらい遅いというのは、これ如何に。


ホームページ目次1996年前の話次の話