ホームページ目次1996年前の話次の話

祝100万ヒットとその後の予定

1996年12月21日

思いおこせば去年の夏、8月にちょっとホームページの作成方法を勉強して みた。本当は、2〜3ヶ月早く始めたいとは思っていたのであるが、様々な事 情があり、マシンの手配やら、プロバイダの手配やらがあって、去年の盆休み ころに HTML なるものに触れてみたのである。

インターネットそのものは、JUNETと言われていた時代からずっと使い続けて もう何年使っているのかも分からない。昭和時代から使っている。

そして、HTMLファイルを作成し、MOSAICで表示し、いろいろと試してみてい た。本当の勉強という感じである。当時は、まだ、ネットスケープの時代では ない。そうして、1週間程練習を積むうち、だいたいのことはできるではない か、それに、これって情報発信が非常に手軽にできるではないか。ならば、個 人で情報発信のテストをやってみよう、となったのである。

1日程かけて簡単なホームページを作って、最初にホームページを公開した のが今から1年4ヶ月前の

1995年8月30日

である。そして、すべての アクセス情報は、このとき以来ずっと保存されており、

1996年12月21日11時53分45秒

で、累積100万ヒットになったのである。

最初は、1周年を目指して実験をしていたのであるが、もう少し続けてみる かという気になり、次の目標である100万ヒットまで頑張ろうということで やってきた。という訳で、これで、ホームページの実験を終えようかなと思っ ている。それで、今までを振り返ってみよう。

まあ、個人として、そして、弱小微細非公開プロバイダ(雑誌などでの宣伝 など一切していない)での実験としてはかなりの成功ではないかと思っている。 一応、私も、曲がりなりにも本を書いたりしてきたので、ある程度の成功をし なければ顔が潰れる訳である。

最初は、非常に単純極まりないホームページであったが、次第に色々なコー ナーがどういう理由で発生したか自分でも良く覚えていないが自然発生し、い ずれもかなりな人気を呼んだりした。

まずは、「読書感想文」を始めたのである。最初はCと か、C++についてのものが主体だったのだが、しだいにインターネットに傾 斜していった。もう最近では、インターネット関連 (HTML,JAVA,JavaScript,...)が多すぎて、とても読書感想文を書く気にもなれ ない程の本が出版されるようになってしまった。

実は、今日、神田神保町の書泉グランデというコンピュータ関係に非常に強 い書店に立ち寄ってきたのだが、ますますインターネット関係のコーナーが拡 大していた。もう、毎日、どのくらいの本が出ているのか見当もつかない。

その次が、「パソコン生活つれづれノート」 である。まあ、昔話を書こうとしたのであるが、私の周囲で起こったさまさ まざまな事件などもそのまま書かれている。

「娘、制服なしで登校することに決まる」 という話もあった。制服の学校へ制服なしで裸で行っているのかと心配してく れた方々もあったが、裸で行っている訳ではない。私服で行っているだけであ る。実は、この学校、貧乏人が多いので、制服すら不要ということらしい。も ちろん、学生鞄も不要とのことだ。そもそも、学生鞄に勉強道具など入りきる わけもないので、毎日登山にでも出かけるような格好をして通っている。特別 に変な服装をして行かなければ、普通の私服で大丈夫らしい。始めから制服を 作らなかった生徒も多いらしい。安心されたし。

その後で始めたのが「JAVAとパズルの世界」である。 もちろん、当初の計画通り、パズルを使った一大実験を行なったのである。こ れには、皆さんの大変な協力が得られた。毎日、毎日、仕事の時間である筈な のに、朝から晩まで、さらに深夜まで、さらには終電に乗り遅れて苦情のメー ルまでやって来た。何もそこまで頑張る必要はないではないかと思ったが、皆 さん熱心に協力してくれた。

おかげで、いろいろなことが分かった。1つの問題を、いつまでもいつまで も解き続ける者、易しい問題から順番に着実にこなして行こうとする者、一番 難しい問題に最初から挑戦し、もちろん出来なくて少し易しい問題をやり、ま たできなくて、解法教室を見てから心を入れ換えて易しい問題からやり直した りと、人間の性格が良く分かった。解けないものだから、問題が間違っている と文句のメールも来た。見ていて本当に面白い。

その他は、自著の公開とか、宣伝とかもある。 『Cプログラミング診断室』絶版になってしまったので、ちゃんと最後までup し続けるつもりである。しばらくかかると思うが、待たれたし。

には、自分の為に集めておいたリンク集が、かな り利用されているようである。とくに、 「あきれたページ」(2002/1/31閉鎖)は絶大な人気 と影響力を誇ったのであるが、世の中のホームページのレベルがかなり上がっ て来て、開始した頃のような、本当にあきれてしまうようなものはほとんど無 くなった。残念であるが、ホームページの世界も、この1年で急激な進歩があっ たことの証拠であろう。でも、進歩はあくまで表面的なことに留まっており、 内容についての進歩は少ない。

さて、商用化の話であるが、紆余曲折があり、来年のかなり早い時期に開始 されるかも知れない。が、なにしろ様々なことがあり、私の一存で決まること でもないので、今は何とも言えない。

ということで、すべてを終にしようというのは本当ではない。ただし、今ま でのペースでの情報提供は諸般の事情で出来なくなりつつある。要するに、時 間がとても取れないのである。1日平均で2〜3時間をホームページ作成など に費やしていたのである。さらに、その準備の時間もあるので、もっとかも知 れない。約500日で、2時間ずつと仮定して1000時間を費やしたことに なる。私も暇だったのだ。

もちろん、一日中暇でインターネット遊びをさせてくれて、なおかつ充分な お金を恵んでくれる人あるいは企業や団体があるんだったら、もっともっと遊 んで、書きまくって、もっと楽しい世界を作ってもいいのであるが、そういう の知りませんかねぇ。

と言う訳で、今まで通りを続ける予定だが、ペースダウンすることになりま 〜す。ごめんね。


ホームページ目次1996年前の話次の話