ホームページ目次1997年前の話次の話

回線が速くなると、またJAVAパズルしたくなるね

1997年2月26日

まず、このところずっと続いていてたウィークデイの1万アクセスが、つい に6週目に入ったことを知らせておいたのだが、そのとたん、昨日で途切れて しまった。

昨日は9337ヒットと、土日並であった。22日の土曜日も1万越えていたの に。記録は途切れるためにあるようなものだから、まぁいいか。でも、この減 少は、ホームページのトップに、明日から速くなるから、速くなってから見た ほうがいいよ、みたいなことを書いたからだろうね、きっと。

というわけで、今日、ネットワークセンターの回線がやっと太くなった。も ちろん本当の専用線の線の太さを変更した訳ではなく、電話局側の設定と、ルー タなどの設定が変更されただけに過ぎないのであるが、とにかく回線の容量が、 つまり速度が速くなった、それも2倍になったのである。

でも、ping でネットワークセンターと上位サイトの東京インターネットと の時間を見ると、ぐ〜んと短くなっていた。画像データがゴロゴロ入っている 天文データなどを見てみたが、けっこう快適であった。まあ、天文台関係への 回線は十分には太くないようで、最大期待速度は出なかった。

と言う訳で、仕事も忘れて、速さを楽しんでしまった。画像、音声、とにか く「呆れたページ」(2002/1/31閉鎖)で紹介したよう なページすら求めて遊んでしまった。このノートを書き終えたら、仕事を始め ようと思うんだが、今日ももう残り少ない。困ったな。

さて、回線がせっかく太くなったんだからということで、今日、さっそく 『Cプログラミング診断室』 の残務整理であった 『正誤表』 をUPし、絶版になったための全面公開を完了する ことができた。

でも、まあ、これはたいしたことはない。これによってアクセスがそんなに 増えるなんてことは本当はないだろう。

『JAVAとパズルの世界』 の方で、ちょっと変更しようかな、とずっと思っていたことがあったんだが、 やるとアクセスが増えて困るだろうと思い止めていた。

それは、今まで、遊ぶことはできても、途中の状態を記憶したり、どの問題 を解き終えたかなどのデータを保管することが出来なかったのである。だから、 会社で途中までやったのをセーブしておいて、家に帰ってからその続きを行な う、なんてことが出来なかったのである。

また、本1冊全部解こうと無謀な挑戦をしようと思っても、どの問題を解き 終えたのか、途中なのか、まだ全然見てもいないのか分からなかったのである。 まあ、熱心にやっていた人は、完了したり途中の状態の場合には画面のハード コピーを取ったりして記録していたかもしれない。

解けた問題の場合はいいのだが、途中までしかできなくて帰宅あるいは仕事 を始めなければならなくなり、中断を余儀なくされた方も多いであろう。そう いうとき、もし、万一あなたが大きなサイズの問題に挑戦していたなら、画面 のハードコピーを取っておいて、次ぎにするときに、それを見ながら途中まで 入力するというのも大変であろう。

だから、記憶しなくちゃいけないなというのは始 めから思っていたのである。でも、Javaの場合、いろいろファイルアクセスに は厳しい制限事項があるので、また問題なのである。こちら側にユーザ用のデー タベースを作るのでもいいかな、とかも思ったのである。

でも、既に、今までにも、朝から夜まで、延々と会社とか研究所、大学など から連続5時間以上に渡ってパズルで連日遊び惚けているものが多数見つかっ てしまっている。盆や正月、土日などは会社その他で多いにやっていいとは思 うんだが、普通に仕事や研究をする筈の日までそんなことじゃいけないよな、 と思う私ではないので、まあいいか。

真夜中になると、電総研が毎日毎日やっていたし、このところは東京工大の 物理が熱心に飽きもせずにやっている。もちろん、会社もあったが挙げるのは とりあえずやめておこう。作る方は、もう十分に飽きているので、なにか面白 い工夫でもしようかな、誰かが遊んでいるところを別の人がモニタできるよう にするとか、まあいろいろあるな、と思っていたのであるが、回線が太くなっ たので、もしかすると出来るかもしれないな。

でも、その前に、今は、パズルの問題は、問題毎に別のHTMLファイルを作成 していて、けっこうバカバカしい作業もあるので、まずは出題をもっと合理化 することを考えないと、本屋に並んでいる本の量よりも多数の問題を一人で提 供してしまおうなんて夢想を実現できない。

とりあえず、今、 カックロの問題集 Vol.1 の100題を出し終えたら、手を付けようかと思っている。だから、いま出 している問題よりサイズの大きい、より難しいのをあと25題作らなければ成 らない。ここまでは手作業だ。考えただけでも気が遠くなる、なんてことは無 いんだが、まあ近々やろう。

そろそろ仕事を始めねば。皆様は、JAVA遊びでも始めてください。


ホームページ目次1997年前の話次の話