ホームページ目次1997年前の話次の話

お絵描きでソフト探しに四苦八苦

1997年3月5日

このところ、どういう訳か、仕事で図を描かなければならないことが増えて しまった。つまり、企画書、要するに『でっちあげ書』と言われるものを頼ま れて、無い知恵を絞って書いている。

そもそもこういう物を書くのは私には向かない。企画というのは、ようする にどうなるか分からないものを、やれば成功するように書かなければならない のである。それも、対象がインターネットのホームページビジネスとなると難 しいに決まっているではないか。日本国内のほとんどのショッピングモールや サイバービジネスホームページ街が失敗しているのが現状なんだから。なのに、 それを書いているのである。もう、頭の中は、『いいかげんにでっちあげよう』 という私と、『正直に現実を冷静に分析して企画しよう』という私とが戦って いる。困ったものだ。

さて、内容はともかく、企画書とやらには図がつきものだ。プレゼンテーショ ンというやつである。図がきれいだと、うまく行きそうに見える。ということ で、つい子供の Windows95 マシンの前に座り、Wordで企画書なるものを書き、 図も描き加えてみた。適当な図を描くソフトが必要ということで、Visioとか いうインテリジェント・グラフィックスソフトを入手し使ってみた。

まあ、1時間程遊んでから、いろいろ図を描いてみた。Wordにインターネッ ト・アシスタントとVisioを入れると、図を描いたのがそのままhtmlとgifファ イルになって便利である。まあ、企画書に添付するような絵を描くにはまあま あか、という感じである。一見便利そうに見えるガラクタがいっぱい付いてい るが、図を描くための基本機能はめちゃくちゃ弱い。10年前のオモチャCAD 以下といったところである。

ということで、Visioで毎日絵を描いて遊んでいたのであるが、しょせんプ レゼンテーション用に過ぎないので、ちょっとした絵でも相当苦労する。本当 は簡単な2次元CADなんかが一番いいのであるが、もっと手軽なものはない かとインターネットの中をさ迷ってみた。

ようするに、右図のような感じの絵を描きたかっただけなのである。右図は 誰でも分かるであろう、折鶴の途中図である。こんな簡単な図でいいから、で きることならlinux上で、それも当然無料のソフトがいいに決まっているので、 ちょっと調べてみた。

Linux本を見ていたら、idrawなるドロー系ツールが あるのが分かった。ちょっと見ただけでも今必要としている機能は十分に果た していると思い、idrawとコマンドを打ち込んでみたが、私のLinuxマシンは反 応しない。ちょいと調べてみたら、そんなソフト入っていないようだった。で は、インターネットでidrawを取ってこようと思って調べたら、新しいLinuxに は、もはやidrawは入っていない。

さらに調べて行くと、 Design Futures, Inc. なる会社にたどり着き、IDRAWはこの会社のトレードマークとなっている。 AutoCADよりいいぞ、安いぞなんてことが書いてあるので、商品化されてし まったようなので、いさぎよく貧乏人は諦めて次のソフトを探した。

Linux本に次に載っていたtgifを使ってみることにし た。性能はidrawより落ちるような気がしたが、まあ無料だから我慢我慢。こ れにも、 "Tgif's WWW Home Pageがあり、そこから最新版一式を読み込んでインストールした。

まだ全然慣れていないし、マニュアルもろくに読まずに、メニューをいい加 減にクリックして描いてみているだけである。でも、それにしてはまあまあ使 える。さすがCADソフトのように細かい技は使えないようであるが、簡単な 絵を描くには何とかなりそうである。なによりも、すべてがLinuxマシンの上 で操作でき、管理できるので便利である。ファイル出力の形式も、当然gifは あるし、ポストスクリプトもある。このへんは私にとっては嬉しい。

さて、私はこれを使って何をしようとしているか。そう、折り紙の絵、折り 図というか、折るための説明図をちょっと作ってみようとしているだけである。 前からやろうやろうと思っていたのであるが、あることでやらなければならな い羽目に陥り、急遽実験を始めるための準備にとりかかったところである。ま あ、鶴くらいはちょっと今日中に描いて公開しようかと思っている。

ところで、先日Windows95でWWWしていたら、急に漢字の表示がおかしく なってしまった。一部の漢字だけが表示されない。Wordで見てみたが、やはり 一部の漢字が表示できない。これは漢字フォントが破壊されたのではないかと 思い、他のマシンのファイルと比較してみたが同じであった。ということは、 環境のどこかが勝手に変ったか壊れたのである。困った、困ったと言っていた ら、誰かが再インストールという荒技を使って直した。

それでは、Visioを使ってまた企画書の続きを書かなくてはと思っていたら、 Visioも再インストールしなくてはならない。が、CDがどこかに行ってしまっ て出て来ない。困った、困った、でっちあげた企画書の変更はどうやってしよ う。図の部分が変更できな〜い。これも慣れないWindows95を使った祟りかな。


1998年3月13日 修正

Design Futures, Inc.なる 会社の IDRAW と、「お絵描きソフト」のidrawはまったく別物であった。私の 早とちりであった。idraw の方は、X11/Interviews/contrib の中にちゃんと 存在してました。


ホームページ目次1997年前の話次の話