ホームページ目次1997年前の話次の話

コンピュータのデータベースに四苦八苦

1997年3月10日

このところ、JAVAからすこし遠ざかっていたのであるが、いろいろあっ て、またJAVAをやることになった。まあ、そのついでに、JAVAパズル でJAVAの感覚を取り戻そうと思っている。

それで、先週末から、久々にJAVAいじりを再開した。今年になってから は殆どJAVAいじりをしていなかったので、全然思い出せない。マニュアル 見ながら、本も見ながら、何とか手を入れようとしたが、結構しんどかった。 たった2ヶ月余り、JAVAの世界から離れていただけなんだけれど、忘れる ことおびただしい。

まあ、昔、vi というエディタから emacs というエディタに切替えたとき、 3日たったら、vi の使い方を完全に忘れてしまっていたのだから、3ヶ月も やっていないと、やはり 『めだかの学校』 へ再入学しなければならないような状態である。

それでも、JAVAはなんとかなるであろう。以前になんとなく使いこなし ていたのだから。でも、インターネット関係の仕事というか、遊びというか、 人を遊ばせるために、色々調べることが次ぎから次ぎへと発生してくる。

どっかに書いたかと思うが、データベースというやつである。まあ、商用の ちゃんとしたやつを使うのは、なんといっても費用が大変かさむので、無料の を探して使っている。今は、 PostgreSQLというのを使い始 めた。実は、昔々、Oracleとかいうデータベースのテスト版を使ったことがあ る。ちょっと実験ということで、30万件程度のちゃちなデータをぶちこんで 性能を測ったことがある。まあ、今のPentiumどころか、486SXよりもはるかに 性能の低いUnixマシンで実験していたので、とんでもなく遅く、使えそうに無 かったので購入を止めた。もちろん、高すぎたのが止めた最大の理由であるが。

さて、このデータベース、SQLで操作できるのであるが、それではアプリケー ションから接続するのにはなはだ都合が悪い。データベースというからには、 様々な言語のインターフェイスが用意されているに違いないと探したら、さす が色々という程ではないが、揃っていた。まあ、C言語インターフェイスがあ るんだから、それを利用して、自分の使う言語用のインターフェイスを作ると いう手も残されている。

私は、当然、Perlがあれば良い。と思って、延々と調べたら、pg95perlとい うPerlのインターフェイスがあることがすぐに分かった。まあ、仲間が既に使っ ていて、サンプルなどがダウンロード済みだったので、それをコピーして試し てみた。テストプログラム(test.pl)が動作するところまでは、ほんの数分で 出来た。pg95perlの仕様を全然知らなくても、ちょっと環境を整えてmakeした だけで動いちゃったんだから、実はまだ何も理解できていない。

それで、test.pl の中身を見てみた。データベースに対しての実行命令みた いなのがあって、その中に、どう見ても SQL にしか見えないものが文字列で 書かれていた。つまり、perl が Postpres用に拡張されたのかと思ったら、何 のことはない、sql の命令を引数で書けるというだけのことであった。でも、 これで一応使えるだろうから、まあいいか。

それで、test.pl を参考に、極めて単純な、データの追加、変更、取り出し などをやる小さな小さなPerlプログラムを作ってみたら、何と動いた。

でも、まだ勉強の先は、長いのである。ここから先は、まだ試していないこ とである。今週やる予定であるが、確定申告などという恐ろしいものが待ち受 けているので、どうなるか分からない。

CGIからデータベースを使おうとしているのである。まずは単純なテストか ら始めなければならない。とりあえず、最初はHTMLでフォームからテストする ことになるだろう。そして、さらにJavaからテストをしなければならない。こ こまでのテストができると一段落である。その後、暇があったら、パズルにも 応用しようかと思っている。いや、パズルでテストして、実用になりそうだっ たら仕事にも使おうかと思っている。

仲間はpostgres95をもう仕事に使ってしまったようだ。大丈夫かな?さすが データーベース、アクセスするとディスクがガリガリ音を立てたりする。この 音で、データベースが今どのようなことをしているか分かる、なんてことはな い。

勉強すべきことはこれだけではない。セキュリティの勉強も、若干はやって おかないと、企画書のでっちあげに不都合なことが分かった。いや、でっちあ げだけだったら、縦書きの解説書程度で十分なのであるが、その後のフォロー も若干はする必要があるかもしれないので、横書きの本も読まなければならな いらしい。

インターネットの世界に足を踏み込んだが最後、どんどん変化するので、私 のような年寄りには勉強は大変だ。手習いにはきつい。

ところで、今日は、どういう訳かは忘れたが、月曜日であるにもかかわらず、 子供2名が休みである。ネットスケープの使用期限が3月15日で切れるので、 どうしても新しいβ2を取ってくれと息子に懇願されたので、仕方なくネット スケープ社から直接ダウンロードした。家もISDNになったので、フルセットで も25分程度で落せた。VRMLも入っていて、ちょっと動かしてみた。面白 そうなVRMLデータがありそうな所へたどり着いて、データを取り始めたが いつまでたっても終らない。いったい何MBのデータだろう。家からはISD Nのダイヤルアップなんだから、こういうのは使えないなあ。いくら美しくて も、T1も引けない貧乏人には、まだVRMLで子供を遊ばせるのは無理みた い。


ホームページ目次1997年前の話次の話