ホームページ目次1997年前の話次の話

ドメイン名、取ろうとしたら、やられてた

1997年4月9日

やっと他人様のホームページを作りの企画やら、試作の試作やらを作りかけ ていたのであるが、さらに緊急のホームページ作りの依頼が来てしまった。と にかく、早ければ早い程良いという相当無茶な条件である。

まあ、魔法使いではないのだから、ちゃんとJPNICに申請してドメイン 名も取得しなければならないし、一応その世界では有名な会社(らしいんだが、 私がその業界のことを知らないので良くは分からない)、何しろ絶対に断れな い人を通しての紹介なので、今日は申請書を書いたり、慣れないことをやって いた。

何でこんなに皆がインターネットをやりたがっているんだろう。それで、 日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC) というこのたび社団法人になった、日本のドメイン名を見張っている組織を 覗いてみた。

JPNICの情報サービ スのページへ行くと、日本のインターネットの状況を色々と伺うことがで きるのである。

もう、ドメイン数が2万になるらしい。もしかすると、今日現在2万を越え たかもしれない。3月に増えたドメイン数を調べたら、1627である。毎月 毎月こんな調子で増えていっている。1994年7月1日に日本全体で169 7ドメインしかなかったのである。そのころは月に50位しか増えていなかっ た。

1年前は6432で、この1年でドメイン数が3倍になったのである。もう、 めっちゃくちゃ増えている訳である。

さて、ちゃんとした会社だから、ちゃんとした世界に通用する英語の社名の 略称もあるので、それで取得できるかと思って調べてみた。調べるのは簡単で、 Unixでも使っているのなら、

whois -h whois.nic.ad.jp abc.co.jp
と入力すればよい。abc.co.jp はいい加減に書いたのであるが、3文字の略 称なんて、まず取られている。3文字だと、26*26*26=17576通 りの組合せがあるのだが、かなりの割合で取得済みのはずである。

それでも、会社の正式略称が4文字だから、少しは希望があるかと思って調 べたが、たった3週間前に差し押えられていた。 この正式略称は名刺の左上隅にカラーで印刷したりしているので、是非これ で取得したかったに違いないが、もうどうにもならない。

それではということで、第2候補(ただし3文字)を調べたら、こちらも 5週間前に差し押えられたばかりであった。もう、 本当にタッチの差なんだが、どうにもならない。インターネットを当然やらな ければならないだろう会社には、とにかく早くドメイン名だけは取得するよう にと言っているのであるが、どこも腰が重い。

最近やたらにドメイン名の取得を急ぐ話が来ている。仲間に聞いたところで も多いそうだ。理由も同じであった。企業がインターネットで求人をやりたがっ ているのである。

それにしても、どこの企業のホームページを見ても、求人情報が目立つ。ま あ、商品を買ってくれと迫るのか、人を買いたいのか、ホームページの多くが その範囲に留まっている。

でも、この1年でぐーんとホームページが増えて、見てもらうための努力が なされて、情報の詰まったページが増えて来るのであろう。ドメイン今2万と いうことは、来年の今頃は5万位にはなっているに違いない。そして、その多 くがホームページを開いている。いやいや、ホームページはドメイン名を取得 しなくったってできる。もうホームページの数がどのくらいあるかは分からな い。もちろん、表紙1ページだけしかないトホホなのも多い。

とにかく滅茶苦茶な数のホームページになるのだから、特徴のあるもの以外 は滅亡していくか、誰にも見られていないのだが立派なの(?)を作ったという 自己満足に陥るしかあるまい。

そういえば、この忙しさのため、自分のホームページの更新が少なくなって、 アクセスが減少しつつある。ほんと、インターネットでは影響がすぐに顕著に 現れるから恐ろしいねぇ。


ホームページ目次1997年前の話次の話