ホームページ目次1997年前の話次の話

Netscape Communicator 4.0β3 動くようにはなったけど

1997年4月16日

3月から嵐のように仕事の問い合わせがというか、ソフト開発に参加してく れとの依頼が来る。その全部が、Java, JavaScript, Web, Database, CGI, perl などを組み合わせて、Web上で何かをやろうということばかりである。そ の何かも殆どが同じで、電子ショッピング関係が多い。次に多いのが、受発注 システムである。

細かい違いはあるにせよ、その殆どが以上述べた技術の組み合わせが中心で、 それに若干の周辺知識などを組み合わせたものばかりである。

こういう問い合わせが、1日に複数件来てしまう日もある。昨年1年間での Web関連の仕事依頼の問い合わせは、たったの数件であったのだが、今は極め て異常な状態であり、断るだけに忙殺されてしまいそうである。まあ、スワッ プの嵐に見舞われて、コンピュータの負荷が異常に高くなっているのに、何も 実質的な処理が行なわれていないような悲惨な状態なのである。

それにしても、何で、世の中の人間、殆ど同じことしか考えないのであろう か。特徴を出さなければいけないと皆が言いながら、結局同じ所に群がってい ては、全然特徴がなくなると思うのだが違うだろうか。それにだ、同じ分野の 技術者を漁れば、あっという間に技術者不足になるに決まっているではないか。 実際は仕事の量が必要技術者数を若干上回っているに過ぎないのに、技術者を 捕まえられない仕事が、技術者を求めてさ迷っているのだろうか。

やっぱり日本人なんだろうか。同じ所に固まるというのは。

さて、一昨日書いたNetscape Communicator 4.0β3の話の続きである。あの 日は時間がなくて、あまり息子のパソコンをいじる暇がなく家を出てしまった。 そして、そのまま書いたのであるが、多数のメールを頂き、対処の仕方を教え ていただいた。全く便利であり、感謝にたえない。

要するに、フォントをきちんと指定すれば良かっただけである。漢字フォン トも、横に寝たフォント(90度回転したもの)が最初にずらっと並んでいて 驚いた。英語なら90度回転したフォントは必要だろうが、日本語を縦書きに するときには、単に90度回転してもらってはもっと困るだけなのだが、とか 思いながら眺めた。句読点とか「、ー、…、‥、」、ぁ、ぃ。。。などがちゃ んと調整されていなければならないのにと思ったが、まだまだ無理な注文かも しれない。

ブラウザにまだそんな無理な注文をしてはいけない。とりあえず日本語が表 示されることが重要だ、ということで、次の手順で操作した。

メニューから、[Edit]→[Preferences...]を選ぶとPreferencesのウィンド ウが開く。そこの左のCategoryの中からAppearance--Fontを選ぶと、Encoding 毎にフォントを選べるようになる。そこで、可変幅、固定幅両フォントとも [MS ゴシック]を選択して表示してみると、一応ちゃんと表示した。

これで、めでたし、めでたし、である。分かったら、次は色々なフォントで 表示してみることである。で、[MS 明朝]にしてみたら、表示の一部が化けて しまった。ただし、この現象はあまり再現性ない。それで、今書きながら、再 び実験してみようと思って[MS 明朝]を指定してOKボタンを押したら、 Netscapeが固まってしまった。

とにかく、β3になってから固まる確率が随分増えたようだ。これは、頂い たメールの中にも書かれていた症状である。フォントを切替えてやたらに遊ん だりすると良く固まる。ALT+CTRL+DELで殺せればいいのであるが、死なないこ とも多い。というより、Windows95もろとも死ぬことが多い。あまり設定をい じらずに、静かにそっと使っているぶんには、まあまあ動く。

でも、困った現象が見つかった。それは、Webに表示されている文字が化 けてしまうのである。全部の文字(漢字)について調べた訳ではないが、

    \    2140  (逆斜線)
    〜    2141  (波)
    ‖    2142 (平行)
の3文字が化けるのを確認した。〜(波)はよく使っているので、これが全部・ で表示されてしまったので、これはおかしいと気がついたのである。まだ、他 の文字にも化けるものがあるかも知れない。プリンタに出力しても、まったく 同様に化けていた。しかし、ファイルにセーブして見てみたら、ちゃんと正し い文字として書き込まれていた。どうも、表示、印刷などだけの問題らしい。 もし他の文字でも、こういう現象があったら教えて欲しい。

「文字化け」というのは結構恐ろしいものである。読む方は、当然表示され ているように書かれていると思って読む。しかし、文字は勝手に化けている。 これが、ショッピングモールなどのページにおいても当然化ける文字を使って いる場合には発生する。化ける場所によっては、大変な誤解を生んでしまい、 大トラブルの元ともなりかねない。

これが、私のインストールしたものだけで起きている現象ならいいのだが、 普遍的に発生しているのなら問題である。是非調べて欲しい。

Netscape Communicator 4.0であるが、β1→β2→β3とバージョンが上がる 度に問題が増えているようなことを書かれていた方がいたが、全くそのとおり のような気がしてならない。βバージョンということは、機能的にはもう固まっ ていて、バグ取りやチューンアップ程度しかしないのが本来の姿の筈であるが、 どうもそうではないようだ。それとも、日本語の場合だけがそうなのだろうか。

でも、こういう状態になっても、Internet Explorer をメインで使う気には なれない。もちろん、Windows95マシンに重要な情報を置いておくような危険 な行為はしないことにしている。重要なものは、ちゃんとしたOSである Linux の中に置いており、時々はバックアップも取っている。

それは、当初から言われていた、 Internet Explorer のセキュリティ上の 問題である。詳しくは、 不定期連載コラム中村正三郎のホットコーナー を参考にされたい。

通常は、Linuxマシンで、Netscape Navigator V3.01 を使っているので平和 で快適である。


Netscape Communicator 4.0β3 化け文字表

1997年4月21日

その他にも問題の文字が見つかってしまったのでまとめ直しておく。

漢字文字セット
    \    2140  (逆斜線)
    〜    2141  (波)
    ‖    2142  (平行)
ASCII文字セット
    \     5C    (逆斜線)
    ~     7E    (tilde,チルダ、波、にょろ) 

ASCIIの方の ~(7E)は、ちょっとネットサーフィンをやっていて、どうも点 のようにしか表示されていないので気がついたのである。ということは、漢字 文字セットだけではなく、日本語エンコーディングにすると、ASCIIの部分も 化けるのではないかと気になり、ちょっとだけ調べた。すると、\(5C,逆斜線) も化けるのである。

「そりゃあないよ」と思うのは私だけであろうか。ショッピングモールなど で、1万円のものが、

	\10,000 
と表示されていることがあるが、これが
	・10,000 
に見えるのである(分かるかなあ)。これでは、価格であるとは気がつかないかも知 れないのは私だけかな。

それから、 覗き窓で覗いたとき、当然表 示は化けてしまう。私がバグっているんじゃないからね。


ホームページ目次1997年前の話次の話