ホームページ目次1997年前の話次の話

今度はスキャナーがお返事してくれな〜い

1997年7月2日

このところ、次ぎから次ぎへと物、そして者が壊れている。仲間内だけで、 すでに2枚もマザーボードが壊れてしまった。そのうちの1つはみなさんが 見に来るWWWサーバーのマザーボードの破壊であり、そのため ホームページの復旧 に大変手間取った。

昨日は、ちょっとスキャナを借りに、ネットワークセンターに立ち寄ったの である。HPのスキャンジェットで、結構場所を取ってしまう装置である。ま あ、それはともかく、TIFFファイルなどのイメージファイルに落して、FTPし て自分のコンピュータに送って、後は適当に加工すればいいや、とにかくスキャ ンできれば、ということで作業を始めようとした。

ネットワークセンターでは、以前はマックに繋がっていたのであるが、最近は Windows95マシンに繋がっている。しかし、このところ、このWindows95マシン の調子がすこぶる悪い。ハードウェアよりも、明らかにWindows95そのものの トラブルだと思うのだが、パソコンの素人の私には何も分からない。

そういう、私としては一切信用していないWindows95であるが、イメージファ イルさえ取得できれば後はどうでもいいのである。目的は、物をスキャンして、 そのイメージをちょっと使おうというだけのことである。

というわけで、スキャナの上に持参した物を置いて、スキャナのソフトをい つものように起動した。ツンツンとアイコンをクリックしてスキャナのソフト HP DeskScanII が起動した。それで、ボタンを押して、取りあえずスキャンし てみようとした。ギーっという音がちょっとしたままずっと反応がない。

「あれぇっ、なかなか帰ってこないなぁ」と思いながらも辛抱強く待つ。と きどき反応が悪く、すぐにスキャンしてくれないことがある。それにしても今 日はいつまで経っても動き出さないではないか。と思って1時間も待っただろ うか、実際には4、5分待ったと思うが、全然駄目なのでとにかく止めた。

おかしいおかしいと思いながら、スキャナのソフトを立ち上げてはボタンを 押し、動かないので強制終了するのを何度か繰り返した。

これは完全におかしい。そもそも、最近このWindows95マシンは滅茶苦茶調 子悪いので、スキャナのソフトを再インストールした方がいいのではと思い、 つい再インストールしてしまった。ハードディスクにダウンロードしたのが入っ ていたから再インストールはすぐにできた。

さて、これで動くかな、と思って再挑戦してみた。しかし、症状は全く同じ である。これでは私の頭脳の範囲を越えた障害のようである。それで、ネット ワークセンターの技術担当の人々に集まってもらって調べてもらうことにした。

SCSIカードに繋がっているのであるから、まず、SCSIカードがスキャ ナを認識しているかどうかを確認しようということになった。それで、SCS Iカードのソフト調べたら、なんと認識していない。これは接触不良ではなか ろうかということで、ケーブルをいじりながら、なんどもチェックを繰り返し たがうまくいかない。

それで、別のケーブルに差し替えて実験したら、なんと認識するではないか。 やはりケーブルが悪かったんだ、と分かった。では、ちゃんとWindows95を起 動して、スキャナを動かしてみようということになった。でも、やはり動かな い。同じ症状である。

スキャナのソフトの中には、ちゃんとテストプログラムが付属していたので、 それを使ってみることにした。テストボタンを押すと、かなり長い時間、何の 反応もない。それでも辛抱強くずっと待ち続けていると、メッセージが出て来 た。

ケーブルが悪い。チェックせよとの指示である。もう、いやという程チェッ クした後なのである。

ここで、重要なことは、スキャナが壊れているのか、ケーブルが悪いのか、 Windows95の方が悪いのかはっきりさせることである。そのためには、Windows 95以外のマシンに、この疑わしきスキャナを繋いでみることである。

それで、WindowsNTに繋ごうとしたのだが、これがちょっと問題があったの で、以前このスキャナを繋いで使っていたマックに繋いで調べてみることにし た。マックの周囲にスキャナを置けるほどの場所がなかったので、急遽片付け をして、何とか置けるようにした。

マックを起動し、スキャナのアイコンをクリックしてみたが、スキャナソフ トが入っていません、とのメッセージが出てしまう。長い間使っていなかった ので、もう不要ということで、スキャナのソフトはさっさと捨てられていたの だ。

仕方がないので、ゴミの中からスキャナのソフトの入ったフロッピーを捜し 出し、やっとのことでインストールして、動かしてみた。まったく症状は同じ で、ソフトを起動し、スキャナ始動のボタンを押すと、一瞬動いてそのままス キャナが固まってしまう。

ちょっとスキャナを借りに行っただけなのに、延々と2時間くらい格闘して しまった。もう、疲れて果てて何も出来ない。その後、明日(つまり今日)の 仕事の準備もあったのであるが、仕事をやる気力を200%程そがれてしまっ たので、Linuxのゲームをヤケクソでやっていた。

久々にxjewelなんて落ち物系のゲームをやってみた。落ち物系は冷静で素早 い判断力を要求されるので、こういう精神状態の時には高い得点は絶対に出な い。実際、10000点くらいしか出せなくて、さらにガックリし続けて、こ れでもか、これでもかとxjewelをやってしまった。おかげで夜遅くなり、家ま で延々と歩いて帰った。同じ世田谷区内といっても、相当に離れているのであ る。ネットワークセンターは世田谷区の中心地三軒茶屋であり、我が家は世田 谷区の外れにあるのだから。

私は、今、世田谷にいるのだが、今日はこれから東京を通り抜けて、海の向 こうまで行くのである。東京湾の向こうに、ゆりかもめに乗って行くのである。 帰って来るのは夜中になってしまうのだろうか。とにかく行って来ま〜す。


ホームページ目次1997年前の話次の話