ホームページ目次1997年前の話次の話

まだまだLANを組むには難題が一杯であった

1997年7月19日

前に書いたのは16日である。既に3日経ったのである。東京で働いている、 あるいは遊んでいる時より、遥かに時間が経つのが速い感じがする。本当は逆 に違いないと思うのだが、というより、そうに違いないと思って引き受けた仕 事なのであるが、色々な事情が重なって、重なった分だけ時間の進みが速いの である。

まず、17日になって、壊れたCDの代りがやってきた。これで一応、ハー ド的には揃ったと思われた。CDなど無くても、ネットワークインストールと いう手がある訳であるが、一応こういう状況では一度もやったことがないこと は、小心者ゆえ、危険を避けて作業をすることにしている。

もちろん、壊れているものは明らかに壊れているので、使えるから使うとい うのも色々問題があるのである。このマシン自身が私のマシンでもないし、こ の講習が終ったら、その後どうなるのかもはっきりしていない。少なくとも、 このままネットワークを組んだ状態で使われ続かないのだけははっきりしてい るのである。そういうこともちょっとだけあって、ネットワークインストール は避けちゃったのである。まあ、修理不能だったら、当然ネットワークインス トールしたのだが。

さらに問題なのは、イーサーカードである。実は、本体に付いているイーサー カードが動かなかったのである。Linuxから駄目だったので、Windows95でも確 認したのだが、駄目であった。プレインストールされていたWindows95で対応 していなかったのである。それで、急遽、イーサーカードも手配したのである。 結局、ネットワークにも対処できるように装置が揃ったのは、元々のインストー ル作業が終了する予定の17日の夕方であった。

そういう訳で、17日の夕方まで、LANの資材不足で、ネットワークイン ストールは不可能であった。だから、結局、その間にCDから全部をインストー ルしたのである。慣れれば、1台1時間足らずでインストールできる。どんど んインストールしていると、調子にのってEnterキーを叩きすぎて、再度やり 直しなんて無駄なことをやって時間を潰してしまった。

17日に、LANカードを取りに出かけたのであるが、行きは良かったのだ が、帰りに雨に降られてしまった。道路がいい加減というか、ちょっと雨が降 ると洪水になるというか、帰り道、道路が冠水していて、仕方なくジャブジャ ブと歩いた。1足しかない大切な靴だったのに。

そうして、17日の夕方には、イーサーカードを挿して、とりあえず繋いで みた。すると、動かない。なぜか。とにかく、セミナー会場では、インターネッ トはおろか、電話も繋がらないところなのである。色々情報を仕入れながら、 あるいは仲間と一緒にチェックするということが非常に難しい状況なのである。

それで、本体だけと一緒にタクシーに乗って、インターネットのできるとこ ろまで行ったのである。それから、チェックである。原因は、しばらく苦しん でいたら分かったと言えばいいんだろうか。要するに、良くある、あの、サポー トされていませんというやつである。でも、デフォルトでサポートされていな いだけで、カーネルを作り直せば良いだけなので、作り直した。それで、カー ドが反応するところまで確認して、コンピュータはそこに置いたまま、寝る所 へ帰った。

18日の朝、コンピュータを取りに行って、4台のコンピュータがちゃんと 繋がっているかのテストである。前夜作ったカーネルと入れ換えて、絶対動く と思ってやったが動かない。

コンピュータを運ぶため、朝早くから起きたので、頭が腐っていたのだろう。 コンピュータをテーブル上に起き、線を全部繋いで、テスト開始である。カー ネルを全部入れ換えて、立ち上げた。とにかく、イーサーが繋がっているかの 確認が最初である。と思ったが、pingが返ってこない。なぜなぜと思い、ちょっ と長距離電話で確認したら、liloを忘れているんじゃないのとの忠告を受ける。 それでやってみたら、まだ駄目であった。

ところで、4台のマシンの名前は、一番偉いマシンがtokyoで、その他の3台が、 nagoya, kyoto, osaka にしている。こんなところでも、日本の大都市の名前 くらい覚えてもらおうと思って、日本の宣伝をしているのである。

tokyo と nagoya は全然駄目であった。それで、kyoto と osaka も一応確 認しようと思ったら、互いのマシンへの ping に反応する。同じカーネルで繋 がるマシンもあるのは変だと思い、マシンの裏側に回って見ると、大発見であっ た。10BASE-Tのコネクタを正しい所に挿していなかった。もう相当疲れが出て いるようだ。この先大丈夫なのであろうか。

もちろん、正しい位置に差し込んだら、ちゃんと動くようになった。下らぬ ことで、時間を使っているなあ。

18日は、作業は早めに切り上げて、夜はまたインターネットのできるとこ ろまで出かけた。次の日にやるべきことをインターネットで仕入れて、また次 の日にそれを行なうのである。セミナーをやる場所がインターネットに繋げら れない環境というのは非常に不便である。セミナールーム、インターネットルー ム、ベッドルーム、それぞれが約30分の距離離れているのである。

19日、今日は、痛かった。朝、「アッ」と思ったら、ベッドから落ちてし まった。ベッドから落ちたのは、生まれて始めての経験だ。ベッドのすぐ隣に あった家具に右腕をぶつけて、非常に痛かった。骨が折れていないのを確認し て、今日は土曜日だし、もうだいたい動いているので、ちょっとゆっくり朝寝 をした。

午後から、ちょっとだけ調整し、動作確認したくらいかな。一応、adduser したのであるが、ネパール人の名前は一部を除いて非常に分かりづらい。 つづりを間違えないように、最新の注意をしながら登録しておいた。まだ、 login と passwd が同じである。これを変えさせるのも教育である。

比較的早く終ったので、メールを読んだり、自分のホームページをアップデー トしたり、まあ、色々やっているところである。

本当は、もっと重要なことがある。授業内容を決めなければいけないのであ るが、まだ殆ど決めていないのである。方針くらいは決めたのであるが、それ 以上のことはこれから考えなければならない。それに、まだ、C言語のテキス トなんか、自分ではパラパラとしか見ていない。解説は無視してもいいけれど、 練習問題くらいは目を通しておかないといけないかと思う。それに、英語でな んていうのか分からないといけないから、ちょっと斜め読みくらいはしないと いけないんだろうな。

今頃になって、そんな事では絶対にいけない。子供達に、計画的な夏休みの 過ごし方をしてもらうのはやっぱり無理か。


ホームページ目次1997年前の話次の話